日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


そして技術を共有しながら掘ったんです。それがノルウェーのやり方ですね。

この原油開発会社は100億ドル(一兆円)・オーダーぐらいの資金が求められる産業です。そういうものに対して、もう一度、国際的な提携をしながら、早急に透明性のある原油開発産業を日本で立ち上げる。これをやらないと、牽制球にならないと思います。

もうひとつは地域的なことです。例えば世界中どこからでも買ってこられる、持ってこられるということを沖縄でやれば、相手側も50万トンバースなどを造ってくるでしょう。東西格差もなくなります。将来的に原油開発会社が立ち上がったら、世界中どこからでも日本に届けられる低廉な単価コストにしていくということではないかなと考えております。

 

35:もし5000億円あったら原油開発技術の集積をやるべし

 

加藤 もし5000億円あったら?いま曽我さんがおっしゃったオプションのどれに使いますか。

曽我 私は「1] 原油開発技術の集積」のほうをやりたいんです。そして、もし、原油が10ドルぐらいでなんとか推移しているんだったら、私は「2] 沖縄活用原油物流効率化」の方へ行きます。要するに、どんどん原油が安くなる方向に今でもあるならば、2] のほうをとりあえずやりたいと思います。

加藤 1] のほうは絶対的な……。

曽我 そうです。原油開発会社は和製メジャーですね。これがたまたまノルウェーという先生がなければ、私も「日本はだめかな」と思いましたけれども、ノルウェーができて、なんで日本はできないか。

十市 それは石油資源が自国の足下にたくさんあったから...。

曽我 でも石油資源は買うことができます。日本は、お金があるんだからその鉱区を買って、そこにどこかのメジャーを連れてきて掘ってくれといえばいいんです。

 

36:技術を開放する

 

大越 お金があるといっても相手が有望だというものをそんなに簡単に手渡してくれるんですか。日本はエネルギー公団も莫大な金額を使って、ものにならない油井しか発見できなかったんですから。

曽我 結構出ているんです。インドネシアのが今朝出ていたのがひとつの例です。いろいろな技術を、トタールだとかいろいろなところとやっています。それを一箇所に全部集めて技術会社かなにかをこさえる。そういう体制が必要だと思います。そしてその技術を開放するのです。

 

37:一緒に仕事をして頼られる存在になること

 

加藤 金を払ったら技術を教えるものですか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から