日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


27:アジアの共同備蓄では、日本が一番体力がある

28:日本の選択肢:備蓄の一国主義

29:日本のODAをつかって備蓄タンクをつくる

30:米国の岩塩ドームに韓国、サウジが備蓄する話

31:ディストリビューション・センターが結果としての備蓄になる

32:なぜULCCは減ったのか

33:何のための備蓄か

34:ノルウェーが25年でなしとげたことを、半分の期間で日本がやる

35:もし5000億円あったら原油開発技術の集積をやるべし

36:技術を開放する

37:一緒に仕事をして頼られる存在になること

38:鉱区を評価するだけの技術力

39:15年以内に回収できる

40:沖縄側の関心

41:沖縄がやる気がない理由

42:東西の価格差は簡単な話

 

1:世界の各種原油需給バランスの経済的影響可能性試算

 

小川 どうもありがとうございました。さて、いろいろと勉強させていただきました。質問が皆さんおありでしたら、どうぞ。

〈質問者…マイクの位置が悪く、質問聞き取れず…〉

曽我 それは22ページの5の5] にあります、世界主要石油製品市場・主要製油地域および主要原油供給地域物流モデルを開発して、本モデル活用によりこの東アジア原油供給システム効率化によって世界の各種原油需給バランスに対する経済的影響可能性を試算するわけです。これを2005年想定でやろうと思っていますけれども、これは私の個人的考えですが、これをもとに計算してみたいと思います。たまたま日韓は8リファイナリー、8地域のモデルでまわしていますけれども、だいたいそれだけあれば世界の7大陸のモデルでまわると思います。

先ほど、フォースネルさんが(配布資料の14ページで)「1$/B程度以下に抑制される可能性がある」と書いていますが、いずれにしても原油需給バランス如何であると考えます。日本などの東アジアが、欧州とか西アフリカ原油を持ってきたときに、欧米諸国は足らないから中東原油を持って行かなければいけない。そういうときにどんなバランスになるのかなということです。東アジアが北海・西アフリカ等西側原油をある程度導入したときに、世界の原油・製品需給バランスがどのような状態になるかも検討すべき重要課題である。フランスのトタールの考え方では、もうすでに中東原油依存度が欧米で極端に低くなっている。これがボトムであるから、これから理論的にいうと高くなる。だから、こんな2〜3ドルの格差がつくということはもう起こらない方向に行くだろうとみています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から