日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


21:沖縄の有効活用

 

22、23ページは、沖縄をどういうふうに有効活用したらいいのかということを研究するとしたらこんな体裁であるでしょうということを、ご提案をしたいと思いました。23ページの研究深耕というところで、私が最近一番課題に思っていますのは、原油タンカーの復航商品、これはいま海水を積んでいる。要するに原油をあげますと、からぶねになってひっくり返りますから、だいたい30万トンタンカーですと10万トンぐらいは海水を積んで帰って、中東に行くまでに降ろして、また原油を積んで、海水を移動させていることを30年間われわれはやっているわけで、これを、石油製品を積むか、あるいは中東向けには真水を積むか。先ほど申し上げました、ダブルハルタンカー時代を迎えて、いろいろな設計ができてくるし、しなければいけない。昔のように設計していることはない。そのチャンスをどのように沖縄ともからみあわせて、沖縄には50万トン桟橋が二つあるわけですが、キイレにもひとつありますが、50万トン級、45万トン以上50万トン級のものが世界に十隻ないと言われています。バースはあるけれども、船がないというような状況がどうしてできたのかということが最近わかりましたけれども、そんなことで、最後の「琉球国は南海のすぐれた地であり、韓国、中国、日本と深い関係にあって、船舶をもって万国の津梁となす」(陳舜臣)というようなことを沖縄は考えていたようです。そんなこともいつも学んでいます。

次の24ページに中国が沖縄を使い得るのかということをちょっと申し上げます。これは真ん中へんに揚子江、長江があるわけですが、そのところ、入口に金陵という金陵石化というのがあって、五月にたまたま私が伺ったときに、彼らはオズバーグ原油を買うのを決めたんだということで非常にねむたそうにしておられました。オズバーグを買うために北海原油ブレンドの原油のペーパーヘッジを午前3時頃までやっていたんだというようなお話をされていました。これは3万トンの船でないと揚子江をあがれないということで、必ず大きな船でどこかにあげる。最近は舟山というところ、上海のところに降ろしますけれども、そこまで10万トンぐらいでつけて、それから3万トンで持っていってというふうなことをやっている。それからトタール大連製油所のほうでは、このトタールは日本の沖縄とかキイレ基地を貸してくれないか、という打診をしているところでもあります。

そういう意味で、中国というのは非常に小さな船でないと着かないところが相当ありまして、いずれにしてもどちらかのターミナルを使わなければいけない。それを今のところでは中国のコストの安い人件費などで、いろいろなとこで小さな船で少しずつ動かしている。

具体的に沖縄の有効活用が中国の現状においてどんな形のコストになるかということを試算したものがありましたので持ってきました。現在の中国の現状、例えば南京地域の製油所で原油調達運賃、これは10万トンでもってきて、舟山から南京まで3万トンで運ぶということを考えていきますと、1バーレル当たり2ドル70セントぐらいなんですが、沖縄で大きな船で持ってきて、南京まで行くと2ドル54セント。ほとんど同じぐらいなんですが、今後50万トンぐらいで沖縄に入れて、そして中国向けに持って行くというふうに、その頃は中国はだんだん需要量が増えてきて自分のところも増強しなければいけないということになると思うんですけれども、その時も中国国内で増強するのがいいのか、それとも沖縄を有効活用したほうがいいのかということで、そういうときにチャンスがあるのではないか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から