日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


20:参考

 

ここはこのぐらいにして、21ページにまいりますけれども、これは岡崎さんの『アジアの中の日本』というところですが、要するに高句麗のことだと思うんですけれど、非常によく韓国が守ってくれたから、日本はモンゴルがきたとき台風でなんとかできたということしか教わっていないんですが、じつはその他に韓国が守ってくれたので日本までこなかった戦争がたくさんあるというふうに岡崎さんはおっしゃっていると思うんです。先週、韓国人と話をしたら、いや、中国ではもっとすごいこと言っていたよと。万里の長城を造ったのは韓国が攻めてくるということを守るために最初は始めたんだということを中国人は言っているという話を聞いてびっくりしましたけれども、そんなこともある。

それからこの『閔妃暗殺』という角田さんのお話の中では、世界銀行とか米国輸出入銀行が浦項(ポハン)の製鉄、世界最大級ですけれど、その製鉄所を造ろうというときに世界銀行、米国のほうは危ないからいやだと言ったんですけれども、日本が手伝ったということを非常に感謝しているという話です。あまり私も知らなかったんです。

それからまん中の、岡崎さんの論文の主旨は、日米同盟とともに日韓・韓米の同盟も北朝鮮・中国に対処するために重要であると考えられているかと思います。この同盟を経済活動の中で特にアジアへのエネルギー供給システム面から支援することを検討する価値があるという意味で、欧州と同様の平和確保後の東アジアにおけるエネルギー供給面での国際的経済効率競争を準備するという活動が必要ではないかという意味で沖縄の有効活用というのを位置づけられると思います。

それからクリストファー・ソーンさんの『太平洋戦争とは何だったか』は、太平洋戦争とは基本的にはイギリスと日本との戦いで、アメリカと日本は戦ったわけではないというような指摘がありまして、日本の姿は国際舞台に遅れて登場したものの悲劇的な姿であって、それを悲劇的にしたのはアジアの人びとに対する無理解な態度であった。韓国と一緒に戦ったらよかったじゃないかということをこの人は言っていると思います。

それから茅原さんという防衛研究所の『中国 エネルギー戦略』のこのくだりは、エネ研の小山室長がお書きになったところですが、この中で「安全保障対策を推進することはコストを伴うものである。問題なのは日本にとってどの程度のコスト負担ならばエネルギー安全保障のために許容できるかということである」と書いてあります。この安全保障対策というのは逆にプロフィットを生み出すものがあるかも知れないという意味でも捉えていかなければいけないなという考えを持っています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から