日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


ということで、日本も現在ダブルハルタンカーを造っておりますけれど、だいたいこのマラッカ海峡が通れるぐらいの大きさにセーブしているというのが実状かと思います。

この面では韓国と日本というところで見ますと、沖縄は28mの喫水です。ヒュンダイは31mあります。ヒュンダイというのはソウルに近いほうの韓国のリファイナリーです。それからユコンのSKは24mです。したがって、はじめに書きましたけれども、50万トンタンカーを持ってくるという意味ではヒュンダイは可能だと思います。着くところの岸壁の問題がありますけれども、その改造をしなければいけないかと思いますが。50万トンタンカーは沖縄とキイレとヒュンダイにはつくのだろうと思います。

 

16:ノルウェーの原油生産と輸出

 

次に12ページですが、ノルウェーにおきます地域別の原油輸出量について書いてありますが、ここで申し上げたいのは右下にちょっとアジアというのが出てまいりました。ノルウェーからアジアまで運んできてペイするのか、という話なんですけれども、先ほど申し上げましたようにアジア向けの原油価格水準が高いということで、フレートが今大きな船で持ってきますと1$/Bぐらいで持って来られますので今度は2ドルも高いとむこうのほうからアジアに売ったほうがいい。ノルウェーですと自分のところのシマに売りますと、向こうが暴落し始めますから違うところへ売ったほうが自分の価格も高く、逆に安くならないで済むし、他の国に売ったほうが得だというふうな状況もあるわけです。

13ページにまいりますが、ノルウェーのほうは300万B/Dぐらい生産をしております。埋蔵量はこの棒グラフの棒のほうですけれど、あまり多くありません。彼らは非常に特殊な原油開発技術力の情報交換制度というものをつくりました。自分のところにノウハウ、原油開発技術力をこの25年間で蓄積して、自分のところでは埋蔵量がだんだん枯渇のほうに向かいますので、メキシコ湾とか西アフリカとかアゼルバイジャンとかへ行って、海外の開発を現在進めております。メキシコでは10万B/D程度をすでに掘り出しています。

それから、企業別割合では、Statoilというのが57%を占めています。国営石油会社ですが、最近民営化しなければいけないということをやっております。それからNorsk Hydro、Saga(SagaはNorsk HydroとStatoilに買収されました)の三社が、ノルウェーの原油開発会社です。このStatoilは沖縄の原油基地を二年前に借りました。そこをキーステーションにして、中国へ原油を売るというようなことを考えています。今年からはさらに韓国の国家備蓄タンクを借りました。そこをスルーして中国に売っていくというふうなことをやり始めています。

 

17:中東原油の東西向け価格差変動について

 

次に14ページですが、ここではたまたまこの5月に渡欧して伺ったことで、これはオックスフォード大学のフォースネルさんという教授のところに行って議論したときに、「例えば沖縄に50万トン船によって1$/B以下で世界のいずれからでも搬入することができれば、理論的には東西価格差は1$/B程度以下に抑制される可能性がある」というようなお話を伺いました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から