日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


僕が言っているのは、権利の体系で争っても有意義ではない、だから一度義務の体系で何ができるのかと発想を変えてみたらどうかということです。そうしたら大変な義務を負うわけでしょう。だから中国だって、義務を負えなければ意味がない。そうするとある領土の領有の問題をいちおう将来的な問題に棚上げして、もしもダブった水域があるのなら、そこは共同管理にして義務を履行して行こうじゃないかという発想ができないかと提案しています。

 

44:領土紛争で線引き出来なければ共同管理水域を設定するしかはない

 

共同管理水域を作ったのが、竹島の漁業の共同管理水域でしょう。それしかないからしょうがないけれど、竹島そのものの領有権争いは将来の世代に受け渡す。ただし、日本と韓国の主張がダブったところを共同管理水域として、義務を履行すべきだという発想になって共同管理水域ができているわけです。したがって、領土紛争があって線引きが出来ないのであれば、共同管理水域を設定して義務を履行していくしかいま残されている道はない。みんな世界では、そういう方向に行っている。

俺たちはこういう権利があるといって権利の側面だけで争っているから解決しないんですが、義務を履行する関係を入れれば、共同責任管理ができるのではないかと言われているわけで、その方向で話し合って行く必要がある。それについては、中国の海軍の方は駄目らしいけれど、国家海洋局のほうはよく理解しています。個人的にも私は何回も話したことがあるし、国家海洋局に呼ばれて、私は約十年間海洋法の講義を中国でやってきて、私の教え子だけでも何百人もいます。

 

45:台湾問題:「人類のものを討議するのに、なんで国家だけでやるの?」

 

川村 ありがとうございました。ほかにご質問ございますか。

秋元 たとえば中国のように、台湾は中国の一部だという主張をして、台湾を国家として認めない。国連でもそれを認めている状況です。こういう状況下で、台湾はどういう適用を受けるんでしょうか。

布施 台湾の場合はいわゆる領域主権国家ではないから、条約対象にならない。だから条約加入もない。ただこれは国際海洋法条約の審議の過程で問題になったことなんですが、おかしかったのは、国際海洋法条約の審議をしたときには、初めは国家だけに招待状を出したんです。そうしたら「人類のものを討議するのに、なんで国家だけなの」ということになって、国家でない、PLOとか台湾にも招待状を出したんです。つまり人類であれば、それが国家にとらわれなくてもいいということなんです。国家でない国家にも招待状を出して、正式に討論に参加してもらった。ただ、最後の段階で批准、署名ということになると、PLOも投票権は認められなかったんですけれど。

そういう経過から、台湾は独自に自分の排他的経済水域を設定していますし、中国はそれを追認して、自分の国の排他的経済水域と考えているわけです。だから沖縄の近くまで台湾の排他的経済水域は来ているでしょう。それは同時に中国の側から言えば、中国の一部の省である台湾の排他的経済水域ということで、中国の排他的経済水域だと主張している。実際には、台湾は中国の一部として、国連海洋法条約に基づいて、同じような役割をしています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
136位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
95,608

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
2.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から