日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


39:海上自衛隊を世界へ貢献させよ

 

アメリカも海洋法条約に入っていませんが、この問題には大変興味を持って、本格的な研究をすでに始めています。それでわが国はどうするかということですが、憲法第9条の自衛隊という問題もあってなかなか厳しいところもあります。そういうことをどんどんやって、世界に貢献する必要があるのではないかと思って、防衛庁に対して、いま大事なところだからわが海上自衛隊も海洋の平和利用というものを世界に訴えて行くことをやりましょう、そのことによって自衛隊の責任を、国民に対しても世界に対しても果たして行けると言っている。それで軍縮の問題をある意味では解消することができる。放っておいたら、絶対に海軍軍縮になるに決まっていると説得しています。

 

40:世界的反響を得たOPK (Ocean Peace Keeping)東京アピール

 

レジュメに書いておきました「OPK東京アピール」については、防衛庁との共同研究で、その成果を東京アピールという形で世界に発信したものです。この内容については、もし必要であれば、質疑応答のセッションで秋元さんに説明を求めてください。

それから最後ですが、そのように出したわれわれの共同研究の「OPK東京アピール」は去年出たIWCO(海洋問題世界委員会)の最終報告書“The Ocean... Our Future”の中に取り入れられております。これは国連の海洋行動計画になろうとしている文書ですが、今後手を加えるかもしれませんが、現時点で行動計画を作るためのたたき台として作ったものです。この初めの一章は、完全に僕らが考えていることを取り入れて書かれておりまして、その1章は「Promoting Peace and Security in the Oceans (海洋における平和と安全保障の促進)」というテーマで、海軍の平和利用について論じられています。

ただひとつだけ、残念ながら反対する人がいて、専門用語として採用されなかったのはOPK (Ocean Peace Keeping)という新しい概念で、われわれはこれを提案したけれども、OPKというところだけは反対者がいて、採用されていません。しかし、そのアイデアは取り入れられている。これははずせないと思いますが、そういう問題で、世界的な文書の中に、わが国の発想、オリジナルな問題意識が乗ったという稀有なケースだと思います。

 

41:国連総会に匹敵する海洋総会を常設すべきだが、日本政府は反対

 

この問題は現在論議されていて、国連の中に常設的な海洋問題に関するアセンブリーを作るべきであるといって、初めはWorld Ocean Assemblyという国連総会に匹敵するような海洋総会を常設すべきだと考えていたんですが、いまのところそうではなくて、海洋問題に関する常設委員会、つまり、オーシャン・ガバナンスについて常に検討していくような委員会を国連総会の枠組みの中で作るべきだという提案が、マルタやニュージーランド等の国から、去年の国連総会に提案されました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から