日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


学生は「あれは自衛権の行使ですか。あれは安全保障理事会の強制行動、憲章62条の発動ですか。そうじゃないでしょう。そうしたらどういうことなんですか。毎日、新聞を読んでいますが、アメリカの報道によれば、あれは戦時なのか平時なのかという質問に対して、戦時ではないといっている。戦時でないとすると平時でしょう。平時なのに何万回という爆撃をするんですか。わが国は、パールハーバーで、一時間宣戦布告が遅れて、東条さんまでデス・バイ・ハング(絞首刑)になっているのに、宣戦布告も何もしないで、あんな爆撃、戦闘行為をどうしてできるんですか?」と聞いてくる。そういう質問にまともに答えられますか。その学生は「私は、こういう教科書、こういう参考書、すべてを調べてみました。すべてを調べたけれど、そこから合理的な答えは出てこない。ということは、先生は国際社会は、国際法秩序が維持されていると言っているけれど、秩序なんかないんじゃないですか。国際法を勉強する意味は何ですか」と言われる。僕はそれに答えられる先生は一人もいないと思います。

 

21:問題解決手段が、政策論はあるが、実定法上は存在しない時代

 

私は外国に行くたびに、外国のいろいろな先生にその話をして、あなたはどう答えるかときくと、みんなげらげら笑って、答えられない。これから新しい国際秩序の中で、公益に反するような、人類を虐殺するような行為を国家がした場合には、そのことに対して制裁を加える、そういうような方式が出てくる可能性がある。でも実定法としては現在存在しない。政策論としては言えるけれど、実定法上はない。それがグローバルイシューに関する問題なんです。

つまり国家という枠組みをはるかに飛び越えた人類的な問題なんです。そういう人類的な問題に対処できる実定法というのは残念ながら今はない。だから今国際法の教科書でこの問題を説明しようと思っても、そもそも無理なんですね。そういうことを言いたかったわけです。

 

22:人類の生き残りを図るパルドー主義(1967年演説)とはなにか

 

海洋法もまったく同じ状況にあります。そういう国家間社会の「ほころび現象」の中で、どうやって人類が生き残るかということをパルドーが考えたわけですね。パルドーは1967年の演説の中で、まさにこの危機というものに対する考え方を明らかにしたわけです。私はパルドー演説のこの部分が好きで何回も言っているんですが、ある会議で英語を示せといわれて英語を出したら、お前の訳のほうがいいといわれて嬉しかった。

 

「暗黒の海洋は生命の子宮でありました。この海洋に守られて生命は生まれたのです。われわれは現在でもみずからの肉体の中に、つまりその血液の中に、また涙の塩辛さの中に、遠い過去の印を持ちつづけているのです。」そして現在の陸上の支配者である人間はそのような過去を逆にたどって、深海海底開発を行なおうとしている。そこでパルドーは言います。「深海への人間の侵入は、人間あるいはこの地球上でわれわれが知っている生命そのものの、終焉の始まりを示すものになるかもしれません」と。(1967年のパルドー演説から)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から