日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


いよいよわが国でも、海洋問題をどうしたらいいかさっぱりわからなくなっておりますので、海洋問題に関していまの学術の動向はどうなっているかを特集しようと学術会議が考えまして、『学術の動向』という雑誌の8月号が海洋特集になっております。私は、国際海洋法の方から思い切り書いてくれと言われて原稿を出しておりますが、そのタイトルが、今日と同じタイトルで、「新しい国際海洋法の思想とオーシャン・ガバナンス」というものです。従って、私の原稿に沿いながら話を進めたいと思っています。

実はいま、国際問題、特に海洋問題なんですが、勉強をするのが大変難しい時代になっております。なぜ難しいかというと、伝統的社会科学の方法論が崩壊してしまって、まったくというくらい使い物にならない。したがってどう勉強したらいいかわからないからです。

 

9:大学は崩壊の一歩手前

 

私の所属する学部は、いままでのカリキュラムを最近改めて、大学生であれば、単位を幾つ取ったかということではなくて、4年間在学して勉強したあいだにどういうことを考えたのか、どういう勉強をしたのかということが大事なので、4年間在学した報告書を出さなければ卒業させない、ということにしました。つまり卒論というものを、4年間勉強した報告書と位置づけて、必修としたのです。

その結果、学生は右往左往しまして、昔は先生がやさしいから誰々先生の科目を取るとか、試験がやさしいからある科目を取るかという形で、単位をいかに揃えるかということに汲々としていたんですが、現在はそれがなくなって、1年生の時から卒論のためにどういう勉強をしていくかというふうに、指導もしないのに考えるようになりました。

初めは1、2年生が教養部で、3、4年生だけが専門の学生として私たちが担当していたのですが、もっと早くから専門の先生が面倒を見なければいけないということになり、2年生に教養ゼミを置いて何かしましょうという形をとりました。3年になったらプロゼミをやって、4年生で卒論ゼミをとれば良かったのですが、卒論が必修になったために、全部が結びついて、実質的に2年生から卒論ゼミをやっているというわけのわからないことになっています。

私が言いたいのは、そうやっても学生は簡単には卒論が書けないということです。今後は卒論が書けなくて留年する学生が相当ふえることが予想されています。商学部では、実際に卒論が書けなくて在籍者を上回る留年者がたまってどうしようかという大変な状況になっています。

それはある意味では、大学生そのものの学力が一般的に低下していることとも関連しています。もうさっぱりわかっていない学生が数多くいます。英語の先生でベルギー出身のアメリカ人がいるんですが、入った学生に対して、「ベルギーはどこにありますか?」と英語で聞くんですね。誰も答えられないんです。私たちの大学はレベルそのものが低い学校ではありません。しかし最初の試験で、ベルギーはアメリカ大陸にありますか、南米にありますか、ヨーロッパにありますか、アジアにありますか、という答案を書けと言ったら、ほんのちょっとしか答えられない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から