日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


5:IOIの政策決定の実務を知り得る立場からのお話し

 

世界でIOIの登録メンバーは約5,000人おりまして、非常に影響力がありますが、理事会のメンバーは全部で15人ぐらいで、執行理事会の中心メンバーは5人です。これは選挙になっているのですが、どういうわけかある時、私の名前がノミネートされました。当選して、現在1期目ですが、IOIの企画協議会の議長として、IOIのナンバー3になっています。ということで、いろいろな政策決定の実務を知り得る立場にありまして、そういう意味で現在の海洋法をお話ししてみたいと思います。

 

6:日本の官庁で一番進んでいるのは防衛庁

 

いままでもありとあらゆるところに呼ばれて話をしていますが、あまりにもいまの世界の状況に日本は疎くなってしまっているので、私の話を聴いても、嘘だろう、と言われて信じてもらえません。しかしこのような状況になって、何年か前から防衛研究所と共同研究をやるようになり、数年前からはこの問題に関して秋元一峰さんといろいろ話すうちに、それは重要な問題だから積極的にやるべきだという結論になり、研究を進めてきました。従って、官庁関係でいちばん理解が進んでいるのは防衛庁、ということになると思います。私はなぜかと思ったのですが、特に海軍というか海上自衛隊の実務についておられる方は、形の上での理解ではなく、現実的な問題に非常に興味を持っておられる、頭が柔軟だということがあると思います。

 

7:アメリカ政府は冷たいが、海軍は熱心

 

私が知っている外国の人たちでも、海軍担当者というのは、いちばん柔軟で、オーシャン・ガバナンスという新しい海洋の思想に関しては、多くの人が実体的に参加しています。IOI Canadaというのがあって、私と同じような立場でカナダからの代表が来ていますが、この人はカナダのコーストガードの中佐で、本格的にカナダでやられている方がIOIの代表となって来ているということです。そういうわけで、海軍当局というのは、非常に柔軟に対応しているということが言えます。

アメリカについてもまったく同じで、政治レベルではほとんど対応できておりませんが、いろいろなところで、アメリカ海軍が参加していて、それなりに新しい海洋秩序の展開に関して興味を持っており、研究もいちばん進んでいると思います。アメリカ政府そのものは、学会も含めて、国連海洋法条約にいろいろな事情があって参加しなかったので、世界で唯一のはぐれ国家ですから、海洋問題については、アメリカではいまのところ見るべき事情は何もないと思います。だからアメリカに行って海洋法を研究しようと思っても何もないということは明確です。したがって、海洋法関係の国際的な学会などにアメリカ人の学者が来て、イニシアチブをとるということも現在のところほとんどありません。本格的な研究はヨーロッパにありまして、海洋問題、特に海軍の問題にからんでは、NATO諸国がいちばん研究が進んでいて、積極的だと思います。

 

8:学術会議も、海洋問題をどうしたらいいかさっぱりわからない

 

さて今日は細かい国際海洋法の話をすることが目的ではなく、イメージというか思想的な点がどうなっているかということについて、今後の研究のスタートになるようなことを話してくださいと秋元さんに言われているので、あとのディスカッションも含めて、海洋法が構造的にどうなっているのかということをお話ししたいと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から