日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


もう一つ、学者の世界では、海に関する法律というのは歴史的に古いし、もともと世界共通のルールとして始まったものです。万国海法会というのがありますね。日本海法会というのもありますが、それがしょっちゅう会議を開いたりして、いろいろこういうルールについて、油濁事故をどうやって保障していくかという研究もよくやっています。だから日本の場合も、先ほどの経済関係の脇村先生などが亡くなった後は、谷川久という成蹊大学の先生をやっていた海商法に詳しい人が、むしろ自分の専門領域を超えて最近は海運造船審議会の委員長をやったり、海運全般に学者的アドバイスをするという立場に立っています。特にあの先生の場合がそういうことに詳しいわけではなく、運輸省が便利なものだから海商法の世界を超えて便利に使っているということかなとも思います。

海運をめぐる研究者の状況というのは、たぶんそんなところで、それほど間違っていないのではないかと思います。(拍手)

 

質疑応答セッション

 

川村 どうもありがとうございました。このリストは、大変な労力で集められたと思いますが。

高瀬 集めたというか、元々情報交換のベースとして持っています。コンピュータの中に入っていたので、寄越せ、といったら打ち出してくれただけの話で、労力はそんなにかからなかったです。

 

5:ハブ港が神戸から釜山に移った場合の問題

 

川村 この前韓国に行って釜山の港を見ましたが、あそこがハブ港として最近、神戸を抜いたと言われていますね。そこでどういうメリットがあるのかということを考えてみましたが、船会社としてコストがかかるんでしょうが、例えば国として、あるいは他の物を輸入する、購入する側としてのメリット、デメリットはどうでしょう。例えば神戸から釜山に移った場合、どういうことが問題になるんでしょうか。

高瀬 先ほど申し上げたように、時間がかかる。要するに直接神戸で積み込んで行くよりも時間がかかりますね。やはりフィーダーポートというのは、付属物なんですよ。海運の世界では直接外洋を航海する船が寄らないと、いろいろな意味で不利益を被る。一つは輸送時間の問題、そしてコストの問題です。その二つでしょうね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から