日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


その記憶が薄れる暇もない1999年の10月に今度は日本人の船長と機関長と後はフィリピンの船員が乗り組んだ「アランドラ・レインボウ号」と言う船が海賊に襲撃され、救命筏ごと船外に遺棄された船員達は奇跡的にタイの漁船に救助されると言う事故も起こっています。他にも似たような激しい海賊行為が行なわれています。

昔は、そういう場合は世界の海軍が常時パトロールしていて取り締まることになっていたんですが、この頃の海軍はあまりやらないようです。海軍のある国には海運はないし、海運のある国は海軍がないとかいう(笑い)。どうするのか。船員を武装させるとか、それとも乗り込んできても入れないように、ものすごいドアにして、一種の城壁というかフォートレスにしてしまうとか、そういう議論もあるようです。

やはり船がいかれたらみんなも損するわけです。荷主も損するし、船会社も損するし、保険会社も損するから、そういうところから金を集めて、海賊から防衛するとか、いろいろなアイデアが出ているようです。昔は海賊から海運を防衛するために海軍ができていたような気がするんですが、今はそんなことをやる気はどこの国にも全然ないようです。そういうことがいま問題になっています。

 

4:わが国海運の潜在的問題点

 

4.1:経済的安全保障上の弱点の表面化・傭兵的船員集団で緊急事態に備えうるか?

 

最後は日本の場合ですが、フィリピン人船員を乗せるというのは、いうなれば中世のヨーロッパ諸国みたいなもので、ほとんど傭兵で船を動かしているわけです。日本の船会社はそうしているんですね。だから日本の海運会社は残っているけれど、しかもそれは便宜置籍船ですから、船は日本籍でないような船が動いている。もちろん2〜3人船にキーマンとしての船員は乗っていることがありますが、そのうちそれもいなくなってしまえば、たしかに経営の主体は日本人ですが、そこに乗っているのはみんな傭兵集団だということになる。それが、一旦緊急事態になったときに、まともに機能するのか。いったいどれだけ自由になる海運を持っていれば、最低限の国民生活、国民経済が維持できるのかというような議論が、冷戦末期にはまだ少しありましたが、いまはまったくそれがなくなっているんです。本当にそのような事態が起こったらどうなるのだろうかという問題があるかと思います。

 

4.2:日本港湾の競争力喪失、日本港湾のFeeder Port化

 

もう一つ、いままさに運輸省あたりで問題になっているのは、神戸の大震災が起きました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から