日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


ところが、東南アジアの船員を乗せて動かすと5千万ぐらいで済んでしまう。そういうことがあって、とても競争にならないわけです。いま日本の船会社は何をやっているかというと、キーマンである船長、機関長、一等航海士とせいぜい3〜4人の日本人を乗せて、あと全部フィリピン人を乗せるとかしています。それを「混乗(ミックスドマンニング)」といっています。外国人船員を使いながら、日本人のキーマンを乗せて船を動かすということをやっているわけです。

日本人もいきなり船長とか機関長になるわけにいかないので、そういうトップに立つような人をどうやって養成するかが一つの大きな問題になっています。これはイギリスもドイツもみな一緒で、自国の中のいわゆる伝統的な海運の技術はある程度勉強しなければならない部分もありますが、大工の棟梁のようなもので、オン・ザ・ジョブで習っていくものもずいぶんありますから、そういう部分が失われてしまうのではないかということがあるわけです。

 

3.2:地球環境問題への悪影響

原油の大量輸送、船員の質の低下、米国民の過剰反応と孤立主義

 

結局、そういういろいろな問題が地球環境問題に非常に大きな悪影響を与えている。原油は年間20億トンぐらい運ばれています。日本は2.8億トンぐらいですが、アメリカが4.5億トンぐらい輸入しているという状態で、非常に大量の原油が運ばれています。しかもそれが一隻20万トンぐらいの船で動いています。大きなタンカーのことをVery Large Crude Carrier (VLCC)と言っていますが、そういう船にはとても第三国の船員なんか乗せられないといって、日本人の船員ばかりが乗ったわけです。しかし、そうもいっていられなくなって、いまはフィリピンの船員が乗っています。そうすると、どんな事故が起こるか。船員の質は、フィリピンのみならず東南アジア一円では、航海士免状なんていうのはお金を出すと怪しげな露天で売っているという説もあって(笑い)、とにかくろくでもないことがあるわけです。(川村 フィリピンには世界全体の船員の23%もいるそうです。)フィリピンは多いですね。しかも病気になって、例えばガンになると船に乗ってくるというのがあるんです。それで「船の上で死んだよ」といって保障を要求するとか。社会保障が発達してないですから。それを船に求めるとか、いろいろなことがあるわけです。

海運での一番の問題というのは、エクソン・バルディス号が大量の原油を流すという大事故がアメリカであったことで、それに対してアメリカがものすごい過剰反応を示しました。

話が横道に逸れますが、事故を起こしても船会社にあまり大きな責任を問わないということになっているんですね。責任制限という考え方がありまして、一定レベル以上責任をとっても、どうせ船会社が潰れてしまったら何もならないということがあって、海運の保障のシステムは、今はあるレベルまでです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から