日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


これでわれわれ日本郵船調査部の計算では、4億トンぐらい船があったんですが、たぶん2億トンぐらいはいらない。余った船だというので、それこそ南太平洋のサンゴ礁の中に繋船したり、ノルウェーのフィヨルドの波静かなところに船を持っていって繋船するというようなこともやりました(川村 まだあるんですか/高瀬 もうないです)。それから日本の南方洋上に船を浮かべて、タンク代わりに使うというように、あらゆることをやったわけです。どうもいま世界海運が直面している問題は、そこらあたりに遠因があるような気がするわけです。

とにかく海運を一所懸命育てて、海運を経済成長に貢献させるんだという明確な目標は、そのときすでに日本の海運政策当局にはなくなってしまったわけです。以後は苦しんでいる個別の海運企業をどう救済するか、助けていくかということが目標になっていくわけです。例えば三光汽船をどうするか、とかですね。そういう意味で、産業政策というよりもむしろ企業救済という色彩が海運政策としては強くなっていきますが、そこからいろいろな問題が出てくるわけです。

 

3:海運秩序の無政府化

 

3.1:便宜置籍船の主流化・オフ・ショア置籍制度

管海官庁を持たない無責任体制の旗国→State Control

市場経済至上主義による規律の喪失

Sub Standard船の跳梁

先進国での伝統的海技伝承の喪失

 

オイルショック以前から、日本にもそういう波がヒタヒタと押し寄せていましたが、日本は高度成長を通じておそろしく船員の賃金が上がってしまったということがあって、とても日本の船員を乗せることができない。先ほど申しましたように、なにしろ運賃が極端にいえば20分の1、大雑把にいっても10分の1ぐらいまで下がっているわけですから、あらゆる面でコストセーブをしないとやっていけない。

便宜置籍船というのは一種の国際価格で、あらゆるコストの要素を抑える。一番安い資金を調達し、一番安い船員を乗せ、一番安い造船所で船を作るという、あらゆるコストファクターを世界で一番低いレベルに揃えるのが便宜置籍船のメリットですが、そういう方向に流れていったわけです。便宜置籍船というのは、第二次大戦以前からアメリカなどがしきりとやっていたんですが、要するにリベリアとかパナマとか、海運を監督し、船のレベルを取り締まる役所がない国の籍にすることです。ただ、パナマ領事みたいのがサインすると、それがすぐパナマ船になったり、リベリア船になってしまう。要するに船の固定資産税もうんと割引くから、たくさん船を集めることによって金を儲けようというのが便宜置籍船なんです。とにかくコストはただで、領事がサインするだけですから。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から