日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


21:実際に存在するプラットフォームの事例:KJ Shuttle

 

小川 通産省などは、プラットフォームづくりが上手でしょう?

加藤 通産省でやっているプラットフォームは、新しい事業を創出するために、ベンチャーキャピタル、技術を持っている人、お金を持っている人、特許の管理をする人、マーケティングをする人や、いろいろな機関を組み合わせるという考え方です。ところが、海はものすごく大きな問題で、いま山内先生がおっしゃっただけでもものすごく幅がひろい。ただデータベースを作るということではなくて、それをプラットフォームにし、問題提起をしていく機能を持たせていくということになると、大変なことだと思います。

山内 しかし、例えばKJ Shuttle17 みたいなものは、実際に存在するし、私はいいプラットフォームの例だと思います。この日韓対話のケースは、ガイドラインという非常にイシュー・スペシフィックな問題が起こったときに、日韓のネットワークを作る必要があった。そのプラットフォームの上に沢山の専門家が乗っかり、さまざまなインタラクションが始まり、非常にフレキシブルに広がっていった。そのイシューが終わればまた次のものへ移っていく。NGOというのはそういうものではないでしょうか。

加藤 そういう境界領域で、クリアなビジョンとか、社会環境、経済環境が大きく変わった分野で、先を見失っている分野とか、従来型の枠組ではできない分野を見つけてきて、それに対応するプラットフォームを作り出していく機能を持てれば非常にいいですね。

 

22:完全に行き詰まった従来のビジョン型行政

 

山内 従来のビジョン型行政は完全に行き詰まっています。かつて通産省の環境政策で立派なビジョンができたのはなぜかといえば、それは、「後発者効果」で説明できる部分が多いと思います。つまり、欧米に良い先達というお手本があり、官僚は既成のビジョンをいち早く日本に移植すればよかった。お手本を持ってくれば、ある程度先の予測ができたというわけです。現状ではそのような形でのビジョン形成は非常に難しいですね。

 

23:「暗黙知」「形式知」「共有化」「内面化」のサイクル

 

しかし、「暗黙知」と申しますか、組織の中で「形式化」はされていないけれど、新しい知識が至るところで生まれている可能性はあるんです。「暗黙知」を言葉にして、つまり「形式化」して、それをさらに共有していくことが必要です。

 

17 日韓安全保障対話。国際経済政策調査会と岡崎研究所が、1997年6月に韓国のYoido Societyと始めた専門家同志の対話。http://www.glocomnet.or.jp/okazaki-inst/ 参照。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から