日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


川村 一応、このテーマはこれで終わりにしますが、これはこれからも残るでしょうね。サブスタンダード船の問題では解決策が見当たらない。

山内 先ほど海洋問題については、外交的な、あるいは国際政治学的な分析も興味深いものがあるということも言いましたが、以前にこれについてわたしがまとめた本があります。これは日本の海洋レジームに関する事例研究で、3海里から12海里プラス200海里に国際レジームが変わる際に、日本がそれにどう対応したのかというもので、これを読んでいただくと、この外交が成功だったのか、失敗だったのかがわかるんですが、いずれにしても国際政治学の研究対象にもなりうるということです。ここに置いておきます。

 

18:誰が研究しているかということも知る人ぞ知る

 

加藤 山内先生がお帰りになる前に、是非伺っておきたいことがあります。海洋問題に関する研究がいろいろなところで、縦割りで行なわれているようですが、どこで誰が研究しているかということも知る人ぞ知るという具合のようですね。それぞれの世界でやっている。わたしたちは、それをデータベースにしてみようかと思っているのです。つまり、世界には、どういう研究機関があって、どういうことをやっているということを調べて、データを蓄積したらどうか。このことについては、どう感じますか。

 

19:決定過程支援プラットフォームをシンクタンクが作ること

 

山内 私の感じたところは、担当省庁にとって、的確な政策決定支援のための情報やアイデアを出すということが、現在極めて重要になっているだろうと思います。例えば、現在、環境庁の水質保全局がやっているわけですが、これと協働するネットワークを広く社会に作る。

このことは、日本のすべての領域において言えることです。というのは、産業領域あるいは環境問題の技術的な問題を含めて、非常に激しい変化がおきている。また社会のそこここに知識が分散していますので、いまおっしゃったような政策決定過程支援プラットフォームを、さまざまなシンクタンクが作ることが極めて重要だろうと思います。

政策決定支援プラットフォームと申しましたが、プラットフォームという概念はなにかというと、その研究所が研究を行なうだけではなく、その研究所が提供するプラットフォームの上で、様々なインタラクションが起こるということです。例えば、「政策決定者が必要な情報がここにある」というように情報を束ねて編集を行なうわけです。政策決定者が、その情報の束を見まして、そこに挙げられた何人かと実際にコンタクトして見る。その結果、例えばこの問題についてはこの人が一番いいということになれば、その政策決定者がその専門家と協議を始めればいいわけです。プラットフォームというものを出せば、その上でいろいろなインタラクションが起こるというイメージですね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から