日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


ネックになっているのが、定点観測の立ち遅れです。栄養度の空間的なシミュレーションモデルを作るマクロな研究や、人工的に藻場を造成して稚魚がどれぐらい発生するかを調べるにも、なによりもまず定点観測が必要なのですが、これが縦割の壁に阻まれて十分には行われているとは言えません。9

最近、日本が環境問題と海洋に取り組んだ面白い事例に、沖縄に作られるはずの国際サンゴ礁研究所があります。10 二酸化炭素の固着がかなりあるのではないかということで、サンゴ礁が注目されているのです。11 これも定点観測をどれだけやれるかが、研究の成否の鍵となることでしょう。

 

8:ナホトカ号事故と縦割行政の欠陥

 

短い時間で盛り沢山の内容をお話しますので、総花的になりますが、あとで質疑の時間を設けますからご勘弁いただきたいと思います。さて、突発的な問題に石油事故があります。石油事故と環境問題について、私はいろいろな専門家と議論したことがありますのでそのケースをご紹介します。実は、海洋という対象を、違う専門領域から見ると、実に面白いプロジェクトになる。そういうお話です。

具体的には、モニタリングには、環境庁水質保全局の課長にご参加いただきました。湾岸については東大工学部磯部教授に参加していただき、鎖性内湾海域問題は、東大海洋研究所中田助教授にご参加いただきました。最後のナホトカ号の流油につきましては、現地の金沢工業大学後藤助教授にご参加いただきました。後藤助教授は、金沢で実際にナホトカ号問題を追跡調査された先生で、重油流出事故の取りまとめをなさった方です。

エクソン・バルディース号の大事故以来、世界では多くの石油タンカーの事故が起きていますが、ダメージ回復には技術的な蓄積があったはずなのに、残念ながら今回のナホトカ号事故では、そうした教訓が生かされませんでした。これも、エクソン・バルディース号のダメージ回復に当たった海外の研究者のネットワークが、日本につながっていなかった、ということではないでしょうか。

また、エクソン・バルディース号事故については、10〜20年の長期的なスパンで沿岸の生態系の調査を行なっているのですが、日本ではナホトカ号について長期的な環境観測を行なう機関が不在というのも残念なことだと思います。12

 

9 非常に意欲的な研究者はいるが、複雑な生態系をコンピュータ・シミュレーションで研究することは不可能である。例えば青潮や赤潮の発生についても十分に原因がわかっていないし、海域的なシミュレートやコントロールは困難だという印象をもっている。

10 琉球大学に非常に活動的なサンゴ礁の研究者がいる。

11 空中の二酸化炭素固定をサンゴ礁がやっているとすると、それが森林などと並ぶ吸収効果があるのではないかという発想だ。ただ、サンゴは動物なので、二酸化炭素を排出しており、ネットで見ると二酸化炭素の排出が多くなるという議論もある。

12 今回は重油が予想を超えて日本海岸に漂着した。もともと日本に寄港しない船が事故を起こしたわけだが、今後はそのような船をも管理せねばならないという新しい問題が提起された。衛星情報やヘリコプター情報を使ったセンサー利用や、風力を入れてコンピュータでシミュレーションを行なう地形情報システムを運用して、より的確な対応をとる事ができるのではないか、など、多くの改良点が指摘されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から