日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


76:毅然たる対応が必要な日本

 

川村 では潮さんお願いいたします。

潮 まず本日15分ほど遅参いたしましたことを平松先生にお詫び申し上げたいと思います。じつは、本日締め切りの原稿を抱えておりまして、月刊『正論』でオウム真理教について語った原稿なんです。本日正午にオウム真理教が過去の過ちを認め、これを謝罪し、組織改革案を発表し、名称をオウムからアレフに突然変更したことで、編集部とちょっとやり取りをしておりましたので遅くなって申し訳ございませんでした。(爆笑)

平松先生のお話で印象的だったのは、中国の西沙から南沙、そして東シナ海へと至る海洋権益の拡大の経緯と、その恐るべき手口です。特に印象に残っておりますのは、それが文化大革命の混乱の中ですら整然と行なわれたことです。そして、一般には、外交部門と軍事部門が対立しているようにも言われておりますが、実は北京政府は国家としてそれを整然と組織的・計画的に実施しているのではないかというご指摘が非常に印象に残ったわけでございます。

オウムにせよ、中国にせよ、やはりわが国は毅然たる対応が必要ではないかと本日改めて思ったわけでございます。先生のお言葉の中にはやくざ云々というお話もございましたが、本日の産経新聞に平松先生が書かれていたことで言えば、北京政府がチベットになした略奪、暴行、強姦を含む一連の侵略行為は、やくざと喩えるにはやくざに失礼ではないかと思ったりもしているわけでございます。

 

77:海洋国家という観点からの整理

 

この3年間の研究会のことをちょっと申し上げますと、非常に勉強させていただいたと思っています。特に「海」がキーワードになってましたので、やはりわが国の安全保障を考えるにあたって、海洋国家という観点から整理する必要があるのではないかなという思いを新たにしたわけです。

さらに言うと、世界の近代は海から生まれたと言ってもいいのではないかと、実は最近、思い始めております。「日本=農耕民族」という言葉もありましたが、それを踏まえて言うと、日本には海の国と山の国と二つある。

ついでに余計なことを言いますと、人類はサルから進化したというのが通説ですが、じつはこれに反対するアクア説があります。つまりヒトは「水際」から進化したという考え方です。本当にサルから進化したのであれば、なぜヒトにだけ体毛がないのか。なぜこれだけ厚い皮下脂肪があるのだという疑問が残りますが、アクア説ならそれを説明できます。非常に実証的な学説でして、私は最近非常にそれに惹かれているわけです。

 

78:インターネットを使わない手はない

 

余計な話はともかく、この研究会の今後ということについて一言申し上げますと、「ネットワーク型のシンクタンクに発展していく」ということが先ほどお話の中に出ましたが、であるとすればせっかくデジタルでつながったインターネットを使わない手はないだろうと思っています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から