日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


私が日本財団に要望したいのは、沖縄もハワイのように戦略的に非常に重要な地域でありますので、是非沖縄にシンクタンクをつくっていただきたい。例えばハワイにはPacific Forum CSISがある。これは権威あるシンクタンクCSISの支所みたいなものです。それから、East-West Center がある。さらに、Asia-Pacific Center for Strategic Studiesもある。海外調査報告を読みまして、ハワイと沖縄の落差をあらためて実感させられた気がします。

さっきも、加藤さんと話していたんですけれど、いま皆さんと集まってこうして話していますが、こういったミーティングをちょっと格上げして、シンクタンクみたいにしていただく。そして沖縄にその支所みたいなものを出していただきたいと思います。

金が足りなければ私が地元の企業から集めてきます。説得すればなんとか金は集められましょう。海洋問題に関心が深い日本財団の頭脳と資金が応援してくれたら、かなりのものができるのではないでしょうか。

 

74:プエルトリコ繁栄の大前提はナショナル・セキュリティ

 

沖縄には3年前からフリートレード・ゾーンをつくる構想がありまして、それを言いだした時に、私は、アメリカやプエルトリコへ行って調査をしたんです。その時感じたことは、日本の学者は「人、もの、金」が集まると栄えると言っているんだけれども、それは正しくない。やはり大前提はナショナル・セキュリティだと思うんです。

その国家安全保障をどう維持するかというのは国家の主体だと思います。平松先生の言われたように、いまのわが日本には国家の主体がない。また戦後世代は日米安保というぬるま湯にあまりにも浸かってしまい、国の根幹を忘れている。ですから国際経済政策調査会や岡崎研究所もどんどん国民にそういったものを啓蒙し警鐘を鳴らしてほしいと思っております。

 

75:沖縄の中国幻想

 

私どもは沖縄におりますので、中国の脅威をひしひしと感じております。昨今の沖縄近海における中国艦艇の動きも然りです。しかし、幻想を持っている者が少なくないのです。私の本が6月に出ると思いますが、沖縄では、琉球王朝を独立国だったみたいに言っているのだけれども、実質的には中国の間接支配に入っていた。その結果、沖縄がどんなに明治維新に乗り遅れたかということを詳細なデータをもって書いてあります。この本によって、沖縄県民の中国幻想も少しは変わると思います。そういったものも含めて、先生方のいろいろなご支援を仰ぎたいと思っております。とりとめのない話ですがよろしくお願いします。また日本財団にもそういったことを強く要望したいと思っております。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から