日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


こうしますと、最初は何か他人事だったようなものがだんだん少しずつ本気になってきているようですけれども、この4月の会議でどういうことが討議されるかということが注目されます。(拍手)

 

日本財団へ要望など

 

小川 どうもありがとうございました。ここで、委員長、もうそろそろお茶が出て食事のほうも終わりになりますので、残念ながら、時間切れとなりつつあります。個別の問題はまたレギュラーメンバーの委員が集まってやることにしまして、本日は「今後どういうことをやるべきか」と、「日本財団にどういう要望があるか」という点でいかがでございましょうか。何人かの方にご意見をいただきたいと思います。(拍手)

川村 そうですね。締めのディスカッションをいただきまして、いま小川さんが言われたようなことで、皆さんのご意見をいただきたいと思います。(拍手)

今までの議論の結論は、日本には、海のさまざまな問題にわたる総合的な研究機関がないということ、これが、わが国の海洋政策を決める上での障害になっているということですね。海の問題はシングルイシューでなくて、非常にいろいろな分野がからみあっている。そういうことは、今年の研究でわかっておりますが、もし何かございましたら、皆さんのご意見をいただきたいと思います。

 

68:蓄えた知識を啓蒙普及できる場所を提供していただきたい

 

秋元 この研究委員会で3年間勉強させていただきまして、私自身も、自分で言うのもなんですけれど、かなり知識のレベルがあがってきたのではないかなというところです。このプロジェクトの「啓蒙普及という趣旨」に関連して言えば、ここで勉強したことをもとに、先日は、我孫子にあります中央学院大学の「海洋シンポジウム」で講演をさせていただきました。海洋問題は、発信する場所が本当に限定されております。せっかく3年間勉強しましたので、来年度は何とか今まで蓄えた知識をもとに啓蒙普及できる場所を提供していただけたら非常にありがたいなと思っております。

 

69:日本人はもっと海洋民族にならなければならない

 

平松 私はずっと中国の海洋資源ということをやってきて、いやでも日本ということを考えなければならなくなってきておりますので、感じたことを一言申しあげたいと思います。今日の第6回研究委員会でOHPの地図を使いましてお見せしましたように、日本という国は、陸地の面積は非常に狭いけれども海の面積は(陸の11倍と)非常に広い。世界でもベストテンに入る国です。そういう認識がまず日本人にないし、実をいうと自衛官にもない。海上自衛隊の人にもほとんどない。

ということで、私は海上自衛隊の部隊教育とか幹部学校で、OHPの地図を見せる前に「どのくらいあると思いますか」と質問をするんですけれど、まずほとんど答えられない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から