日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


その後、例えば、海賊が中国の港にいることが明らかなのに、わざわざ見逃したり釈放したりしたことがあります。一昨年は、テンユウ号が乗員ごと行方不明となり、船体が中国で発見された。アンナシェラー事件では、乗っ取られた船が中国で発見されている。何か中国の国家自体が海賊の問題を利用しているというか、そういう見方もできるんじゃないかと思うんですが。

 

64:中国では、人間が利用できる国土は半分

 

平松 人間があり余っているということです。中国のことを考える時に、中国という国は面積が世界第三位の国でありますけれども、人間が利用できる国土は半分なんです。国土の半分は使えない。どういうところかというと、これは言わなくてもわかると思いますけれど、砂漠と山ですね。その山も、日本の山なんてものじゃない。世界にないような山がたくさんあるわけです。今日の産経に私が書いたチベットだって人間が住めるところではない。

じつはさっきも隣の大内先生と話していたんですが、「アメリカと中国とは似ているところがあるね」ということで意見が一致したんです。要するに漢民族というのは四千年、五千年の歴史があると言われているわけですが、しかも世界中にチャイナタウンがあって、どこへ行っても驚くほど中国人がいる。「こんなところにいるのか」というようなところにまでいますね。にもかかわらず、自分の領土だと言っているチベットと新疆には住めなかったんです。そこにはついに同化できなかったんです。

日本とアメリカの違いということで、ちょっと大内先生と話したんですが、要するに日本人はどうもそこに住んでいる人間よりは土地を大事にする。日本の国土を離れて出ていった人間に対しては全く無関心である。一方、アメリカ人は出ていった人間を一所懸命保護しようとするし、そういうことをやってると、その土地までがアメリカになっちゃう傾向がある。中国にもそういう傾向がある。要するに同化したところが中国である。結局、中国の歴史を見ていけば、周辺の地域から始めて、だんだんそれが広がっていく。だんだん同化が進んでいくということで広がっていくわけです。

 

65:中国には国境線という概念がない

 

話が飛びますが、中国には国境線という概念がないんです。あるのは辺境なんです。辺境というのはディストリクトあるいはエリアなんです。エリアであってどこからどこまでが中国の辺境かというと、これは、まったくもって皆目わからない。その時の力によってずっと延びていくところが中国の領域である。私は学生には「風船玉みたいなもので力があったら膨らんでいき、力がなかったらしぼんでいく」と言っておりますが、広がっていくといつのまにかそこが中国になっちゃうということです。そういう意識で考えればいいと思うんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から