日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


それで、「味がどうのこうの」といって、作るようなことをやってきたんです。だから中華料理に関しては、私はそれなりに興味をもってきた。(爆笑)

それからいくと、退役自衛官のトップと言っても、本当に何も知らないものですから、大した料理でないのに、それだけで負けちゃっている。ああいうときは、部屋も大きな豪華な部屋で、大きなテーブルでいろいろなものが出てくる。それだけでいかれちゃう。

 

59:ちょっと親切にされると感激してしまう冷飯食い

 

もうひとつ驚いたことは、むこうはまだ文革中の毛沢東時代ですから、訪問先に行くととにかく全員が出てきて迎えてくれる。国を挙げてやるわけですから、鐘や太鼓でどんじゃらどんじゃら、仕事を全部ストップして歓迎してくれるわけです。そんなことをしても平気な社会でした。今なら、そんなことをやったら経済や工場がとまってしまうから、もうできませんが、そんなことはいっこうに構わない時代でしたから、もう全員が出てきてずらっと整列して歓迎してくれる。それだけでまいっちゃうんです。「これだけ出てきてやってくれた」と言って感激している。私などは「この人は軍人だったの?」と、ほんとうに情けない思いをしました。

特に自衛隊は軍隊ではなくて、冷や飯を食わされていますから、すぐ感激しちゃう。軍人らしい待遇で処遇してもらうと、すぐジーンと来てしまう。だから、日本国内で、ちゃんとやるべきことをちゃんとやっておかないから、こういうことになるんだと思います(爆笑)。だから、軍隊が軍隊らしくなってくれないと困ると思うんです。

 

60:失礼きわまりない栄誉礼

 

二年ぐらい前の産経「正論」に私が書いたんですけれども、藤縄祐爾陸幕長が中国へ行かれた。私は、中国の解放軍報の記事を見て、ものすごく頭にきたんです。陸幕長というのは、私はえらいと思っていますし、偉いですよね。それに対する中国側のプロトコールが全く人を馬鹿にしている。陸幕長に対して栄誉礼をやったのが副総参謀長なのです。しかも4人いる副参謀長の四番目のドンケツの副参謀長が栄誉礼をやった。まったく人を馬鹿にしています。だから、そんなものはやめて帰ってくればいいわけです。そういうものを甘んじて受けるなんていうことはとんでもないことで、一点全くなっていない。そのときに栄誉礼をやったのが熊副総参謀長です。

その後、久間章生防衛庁長官が国防のトップの遅浩田と会った時に、久間長官が、「秋山防衛次官が近く中国を訪問することになっている」と言ったら、遅浩田が「秋山次官とわが軍の熊副参謀長は旧知の仲である、非常に親しい間柄であるから、その二人をまぜもちにして防衛交流、軍事交流をやって、信頼醸成を高めましょう」と言った。つまり熊というのは窓口なんですよ。窓口に陸幕長がプロトコールをやられて、何とも感じていないというのはいったいどういうわけだということを僕は「正論」に書いたんです。そうしたら、何の反応もないんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から