日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


それは、あくまでもソ連の脅威があったからなんです。アメリカと中国のあいだで、ソ連の脅威を共通項に合意が成り立った。ベトナム戦争などいろいろありますけれども、やはり中ソ対立が、米中のお互いの共通利害になった。ソ連を考える場合に日米安保をむしろ積極的に利用していこうということです。中国のマーケットを最大限に使って経済成長をさせ、軍事力を強化していこうという方向で20年間経つということですね。

 

55:「同盟条約は冷戦時代の産物だ。時代遅れの同盟はやめましょう」

 

そして、最近では中国自身が変わってきた。われわれがはっきりと認識すべきは、中国が「同盟条約は冷戦時代の産物だ。冷戦が終わったから、時代遅れの同盟はやめましょう」と言い始めてきていることです。「じゃあどうしたらいいか」と言ったら、それは「軍事交流を深めて安保対話をやっていったら、世の中は安定して平和でよくなりますよ」という。まことにおめでたいことを中国が言い始めてきている。そういう中で信頼醸成が出てきたわけです。

もう「日米安保は要らないんじゃないですか」という方向がはっきりと出てきている。しかし、1950年代、60年代との違いは、今の段階で日米安保をなくしてしまおうと言うと、今度は日本が大国化するという問題が出てくることです。だから、日本の大国化を阻止するという点で、米中の利害が一致しているという面がでてきているところが1950年代、60年代と現在の違いです。中国は日米安保はなくすという方向であるが、すぐになくしてしまうと、日本の大国化という問題にぶつかってくる。

 

56:「日米中正三角形」と真顔でいうおめでたさ

 

日本の体制側の中にも、「日米中は正三角形がいい」ということをいう人もいる。それがどういうことかといえば、正三角形を形成する条件は、日本が大国化することですから、そんなものをアメリカも中国も望むはずはない。「日米中正三角形」なんてことを、日本の政治指導者、特に体制側の指導者が語るということ自体が、もうまことにおめでたいとしか言いようがないわけです。(爆笑) そうなったらどうなるかということが、まるきりわかっていない。もう皆さんにはおわかりだろうと思いますけれども、それは理想としてそうなるのはいいかも知れません。けれども、そうなる前に日本は、アメリカと中国から寄ってたかってやられてしまう。アメリカもそうですし、中国にとっても、日本が属国であることが一番望ましいわけですから、日本としては、属国にされないようにして、なおかつ、大国になるとえらいことになるから、大国にもならないようにする。これが国の舵取りというものです。この方向で行くほかに選択肢はないだろうと思います。

 

57:宣伝に乗せられやすい自衛隊

 

信頼醸成に話を戻しますが、信頼醸成で一番危険なのは、自衛隊の人間にむかって、「中国は怖い国じゃないよ、中国脅威なんてとんでもないよ」ということを、一所懸命愛嬌を振りまいて宣伝することだと思うんですね。これが一番危険なことです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から