日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


51:1990年代の戦略・作戦研究と訓練改革

 

1990年代に江沢民がやったことは何か。自分の権力をまず固めたあとでやったことは訓練改革です。統合作戦を念頭においた訓練改革がはじまった。同時に戦略戦術の研究、作戦研究があって、これは中国では「戦法研究」と言っていますけれども、戦争の方法ですね。要するに戦略、作戦の研究をやるという方向で訓練改革が行なわれていって、それを検証する。同時に兵器は大したことはないけれども、着実に新しい兵器が出てくる。兵器性能の検証、訓練の検証のために、かなり大規模な軍事練習が各地でどんどん行なわれていく。これがだいたい1990年代の前半です。

いろいろな作戦目標をもって訓練をやるわけですが、中国という国は幸か不幸か、ああいうどでかい国で、しかも隣接国がたくさんある。しかも、国家がまだ安定していない。社会も安定していない。そういう意味で、ありとあらゆる事態に備えなければならない。上は核兵器から下は非常に低レベルの通常戦略まで備えて、国内治安向けから国境でのちょっとした小競り合いまで対処できる軍事力が必要だと考えている。そういう意味では、なかなか大変な国だと思いますけれども、とにかくそれをなんとかして作ろうとしてやっている。それぞれの部署においてそれぞれの対象をもって演習がずっと行なわれている。

 

52:「よほどのことがない限り中国は台湾を攻めない」

 

中国が、東シナ海とか台湾正面でかなり大規模な演習をやり、台湾が「これは攻めてくるのではないか」と騒ぎ始めたのは1994、5年です。『九五年閏八月』という本が出たのはそういう背景からです。台湾は、ある意味で当然ですけれども「中国でやる演習はすべて自分のところに攻めてくるというものだ」と宣伝する。とんでもないはずれたところでやっている演習も、「すべて台湾に攻めてくるための演習である」と宣伝する。その宣伝に、日本のマスコミも乗せられて騒いだというのが、この間の1996年の李登輝の選挙の時の騒ぎです。

中国軍は、もちろん台湾に攻めていくということを前提として、演習をやり訓練をしています。でも、まだまだとてもそんなことはできない。つまり統合部隊は建前でして、これを一所懸命早くやらないとだめよということで、総参謀が命令を出して一所懸命やっているところです。能力がないのに台湾に攻めてくるなんていうことは考えていない。これはずっと見ればわかるわけです。

私は「よほどのことがない限り中国は台湾を攻めない」と言ったんだけれども、マスコミは全然聞いてくれなかった。あの時は、マスコミは「戦争が起こる」という前提で取材してくるわけですから、「戦争なんて起きませんよ」といくら理由を説明したって聞いてくれないわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から