日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


海上自衛隊だけではなくて航空自衛隊も含めて、お前さんがやりにきたら、こちらもこうやってやりますよ、ということを見せる。それが抑止というものですから、ちゃんとそれをやっていればいいわけであって、今までやらなかったから、いきなりやり出すと何か非難されるが、そういうことは堂々とやればいい。

 

47:軍事力はいかにして戦争をやらないかの道具

 

要するに、少なくとも今の時代では、軍事力というのは戦争ごっこをやる道具ではなくて、いかにして戦争をやらないかの道具なんです。つまり抑止という目的で軍事力があるわけです。要するに「抑止というのはこういうものですよ」ということを見せたらいいわけです。自衛隊の立場はよくわかりますけれども、「これは抑止なんですよ、いかにして戦争をやらなくて済むか、ということのためやっているんですよ」、ということでやればいいわけです。けれども、これまでは、それがあまりにもなさ過ぎる。

それから一般の国民も、軍隊というと「すぐ戦争をやるものだ」というふうに非常に飛躍してしまう。「そうではないんだ」ということを日常的に見せる必要があると思います。そういうことを私はもうずっと言っているんですけれども、載せてくれないんです。

私は内局が出している広報誌『セキュリタリアン』で対談をやった時もそれを言ったんですけれども、それを載せてくれない。それから産経にもずいぶんそれを言っているんだけれども、産経の記者も載せてくれない。産経でも政治的な配慮をするらしくて、載せてくれない。私はずいぶんそれを言っているんですけれども、載せてくれない。しかし、それしかないだろうと私は思っています。

 

48:『蘇る中国海軍』と中国の空母保有計画

 

二番目の質問ですが、空母を持つかどうかということはともかくとして、私は『蘇る中国海軍』の中で、中国が空母についての関心がいかに早くからあるかを警告しています。「関心がある」と「持つ」ことは別問題ですが、非常に早くから関心がある。やはり海に出ようと考えれば、否でも応でも洋上能力ということを考えて、行き着くところが空母になることは当然です。ただ問題は、それを持つことができるかどうか、運用できるかどうかです。それが大変なことだということは、中国の軍人もわかる人にはわかっている。

中国という国は何かやろうと思ったら、それにお金を集中する国ですから、空母を持つことは大変なことは大変だけれども、しかしできなくはないだろう。しかし実際に持っても、それを運用していくということになると大変だ。ということは、中国の軍人はバカではないからわかっている人達はわかっている。ということで、まだそこまでは至っていないということだろうと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から