日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


それとも、日本としてはなんらかの形で21世紀型の新しい国益概念に基づいて対応が可能か?そのあたり、外交的な観点からどうお考えになるのかお聞きしたい。

軍事的な側面では、先週来、中国が空母を買うのではなくて独力で建造するという報道が「明報」(香港紙)でなされました。大陸系の香港紙には、それを否定するコメントが出ました。中国の空母保有計画について、先生は今後どういう展開を予想していらっしゃいますか?

それから中国の軍事費の不透明性ですね。二桁の伸び率があいかわらず続いている。これが、将来どういう質的変換をもたらす可能性があるのか?

最後に、防衛庁は何らかの形で日中間の安全保障対話を進めようとしてきましたし、これからもまた進めようとしています。日中安全保障対話から何かが生まれてくるのでしょうか。どのような形の対話からの転換が可能なのか?そのへんをお聞きしたいと思います。

小川 本日は、研究委員会の最終回でもあり、知識の啓蒙と普及のためにマスコミの方にも参加していただいております。

 

46:やくざに対してはこちらもやくざでやるほかない

 

平松 (2時半も講演させられた上で、さらに)この席でまで何かやらされるのだったらもう逃げて帰った方がよかったなという感じがするんですが(爆笑)、全ての質問にお答えしないことになるかも知れません。質問をメモしなかったものですから、どういうご質問だったかはっきりは覚えていないんですけれども、申し訳ない、私も年をとったものですから(爆笑)すぐに右から左に抜けてしまって、一番はじめは何でしたか。(数名「日本はどういう対応すべきか」)。

そうでしたね。私は研究者に徹しようと思っている人間ですので、あまりオピニオン・リーダーみたいなことはやりたくないということで、原則やらないことにしている。要するに中国がやっていることを皆さんに示すから、その先は考えてほしいということなんです。

ところが、それではなかなか済まなくなってきているので、私は勝手なことを言うようになっているんです。やはり中国のやっていることはやくざみたいなことですから、やくざに対しては紳士面してやってもしょうがない。やくざに対してはこちらもやくざでやるほかないと思うんです。

そのためには何もなしにやるわけにはいかないですから、拠り所となる力を持たなければならない。力があって脅しをかければその脅しがきくわけであって、何もないところで脅したってそれは何もならないわけです。そういう意味で、日米安保はもちろん基本ではありますけれども、日本が日本としてやるべきことをやって、こちらもやくざみたいな態度で脅すということをやるほかないだろうと思います。

いま19世紀的ということをおっしゃいましたけれど、結局中国という国は、私は19世紀的というよりは、やくざみたいなものだと思っていますから、やくざにはやくざで対抗するということだと思うんです。

具体的には、私はもう前から言っているんですけれども、何も遠慮することはないわけですから、海上自衛隊が堂々と東シナ海で演習をやればいいわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から