日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


しかし、あえてそれを無視して「自由通航である」と条約に書いてあるなら、「これは自由通航じゃないか」と私は申し上げたんです。

私自身としては、資源水域を認めた以上は、そこでは、公海とは異なる何らかの規制はあってしかるべきだとは思うんです。そうならば「経済水域○○通航権」が必要じゃないか。

 

39:国連海洋法条約の2004年改訂までに日本がなすべきこと

 

国連海洋法条約には、2004年に改訂の時期がきます。その時に、はっきりとこちらのほうで主張しないと、結局はこれが「無害通航権」のようになってしまう。すると、プルトニウム船が経済水域を通ることは「有害だ」という議論になります。これでは、むしろ領海と同じような通航地帯になってくる。そういうことは非常に大きな問題だと思いましてマニラでしゃべっているうちに、川村提督とか小川さんたちと仲良くなったわけです。

 

40:ポリシーを政策に優先させよ

 

小川 このあいだのマニラでの会議では、ポリシーと法律の関係についての議論がございました。国際法に関する二つの見方がある。どちらを上位概念としてとらえるかで、国際的には2派あるということでしたが。

大内 国際法の講座を教えておられる先生方を前に、おこがましいと思うのですが、はっきり言いますと、私はアメリカ国際法なんです。

アメリカ国際法は、最近はエール大学で教えられたものがずっと広がってきてまして、これをニュー・ヘイブン・スクールと言います。総帥は一昨年の10月に亡くなられたマクドゥーガル教授ですが、マクドゥーガル教授は非常にはっきりした、ある意味では保守的な国際法、これは「アメリカにとって有利な国際法」とも言われてますが、それを提唱した。そのために世界的に非常に憎まれています。「マクドゥーガルはアメリカの国益を守るための国際法を述べているにすぎない」と批判されたのです。

例えば、ビキニ原爆実験のときに、マクドゥーガル教授は日本では総スカンを食いました。あの頃はもう数十年前の話ですから全然時代が違います。冷戦のさなかという状況を考えて下さい。外務省をはじめ全ての国際法学者が彼に背を向けた。なぜかというと、教授は「おれたちはなにも悪いことをしているんじゃない、米ソの対立の中で力の均衡を維持するためにはアメリカの水爆実験はやむを得なかったんだ」と言ったのです。今となれば、マクドゥーガル教授は批判されるべきなんですが、当時は冷戦たけなわの頃であったから、はっきりしたポリシーが世界の外交舞台ではむしろ公然と支持されていた。それは、アメリカの力にバックアップされた国際法理論であったのです。アメリカ外交が本当に世界中で支持されたかどうかはともかく、アメリカは現実的理論として押し通した。

マクドゥーガル教授や僭越ですが私と日本の国際法学者とは立場が違う。それは、「国際法の妥当性が結局ポリシー如何による」という考え方そのものにあるんです。日本の国際法は、横田喜三郎先生をはじめとして、まず法ありきですね。法があって、その法そのものに内在する有効性が問題にされる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から