日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


ところがマクドゥーガル教授の考え方は違います。ポリシーがしっかりしているかどうかが問題だと言うんです。これはマクドゥーガルばかりか、ソ連もそうですし、中国もそういうところがあります。彼らの立場は「国際法の学者は文句をいうが、戦後50年間戦争を避けてきたのはポリシーのおかげじゃないか。国際法学者の世話にはなっておらん」という考え方です。それがソ連とアメリカの言い分ですね。

したがって、米国では、ポリシーなき国際法原則の適用は非常に危険だと教え込むのです。そのようなマクドゥーガル教授の思想が弟子から弟子に伝わっています。

国際司法裁判所の小田滋さんは日本から行ったマクドゥーガル教授の第一のお弟子さんで、私が二番目に行きました。小田さんはマクドゥーガル教授に最後まで反対されて、「とにかく私は横田理論でいく」と主張を変えませんでした。マクドゥーガル教授のところでドクターをとられて帰ってきたんですが、マクドゥーガル教授も「こいつはいうことを聞かないから、しょうがない、ドクターをやる」と言ったというエピソードがあるんです。

しかし小田先生も最近の国際司法裁判所での判決文を読みますと、結構ポリシー論が入っていますね。小田先生はいつも少数意見を出されるんですが、単なる規定があるからといって、その規定を盲目的に適用しない。特に核兵器の使用の妥当性については、小田先生は核の抑止力を明らかに強調されておられる。同時に実定法という厳然たる法例を非常に重視される。そうやって小田先生は両刀使いなんです。

それからもうひとりの弟子は、イギリスから出たローザリン・ヒギンズという国際司法裁判所で最初の女性判事ですが、この人はマクドゥーガル教授の秘蔵っ子でトップ・レイディです。それからシュウェーベル国際司法裁判所長官がいます。彼が現在の国際司法裁判所長官ですが、その昔ハーバードの助教授のときに小田さんと一緒に勉強された。彼は、エールでのマクドゥーガル教授の学生で、ハーバードに行って、そこから国際司法裁判所に入った人です。彼もマクドゥーガル理論の信奉者ですね。

シュウェーベル長官にどういうふうにマクドゥーガル理論が出るかというと、マクドゥーガル教授の言葉を使わないけれど、ポリシー論を展開するからわかるのです。主張の内容は同じですが、言葉が違うんです。

 

41:現実がポリシー論で動いているのは間違いない

 

いまアメリカへ行きますと、国際法その他の法律はほとんど「○○とポリシー」です。「ポリシー・サイエンス・アンド・○○」となっている。これを嘆く学者も多いのですが、しかし現実がポリシー論で動いているのは間違いないことです。

アメリカ人というのは、非常にはっきりしています。国際法そのものにポリシーが内在する現実を見ています。具体的紛争に関しても、二つの原則が対立した形で常に外交が展開される。どっちが勝つかというと、その時に強いほうが勝つ。両方とも水かけ論ですからね。

慣習法の形成でもアメリカの現実主義についての話があります。日本とアメリカは「200カイリ」に最後の最後まで反対した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から