日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


1:国際法とポリシー・オリエンテッド・アプローチ:エール対ハーバード

2:SEAPOLの成立と発展

3:マラッカ海峡についての議論

4:SEAPOLジェネラル・セクレタリーのフランシス・ライ博士のこと

5:SEAPOLの資産的価値

6:ダグラス・ジョンストン博士のこと

7:国連海洋法条約を沿岸国のために生かす

8:SEAPOLの会議にインスティテューションとして出席してほしい

9:マラッカ海峡通航税制度だけはさけるべきだ

10:マラッカ海峡における日本財団の貢献

11:東南アジア諸国が米海軍の行動の自由を戦略的な視点から検討し直すこと

12:日本が目を覚ます2005年

13:第7艦隊がSEAPOLのマニラ会議に代表を送った経緯

14:カナダのSEAPOLに対する援助額

15:北九州でのワークショップ実施とSEAPOL事務局の実力

16:2004年にせまる国際海洋法条約のリヴュー:泥縄式管轄権拡大の動き

17:日本のプルトニウム船問題

18:2004年のレジームメーキングに向けて日本がなすべきこと

19:通航権の問題は絶対に譲ってはならない

20:まずはSEAPOLのミーティングに常に出席することから

21:「入会権を持つような水域」:アジア的な解決?

22:SEAPOL EXPERIENCEに沿った活動の説明

23:外交官試験に出る山本国際法の問題点

24:人脈ネットワークづくりのプロジェクト

25:東アジアのモデルとしてのGulf of Thailand Project

26:ダブル・スタンダード船の問題

27:外交問題として浮上する可能性を秘めた船員の人権問題

28:日本財団との質疑応答:「船から海へ」

29:「海洋政策のない海洋日本」

 

32:SEAPOLとつきあって20年

 

大内 はじめまして。大内でございます。今日はこのエリートのグループに参加させていただきまして、たいへん名誉に思っております。これからもどうぞよろしくおつき合いのほどをお願いいたします。

いまお話にございましたように、SEAPOLの会議というものがございまして、かれこれもう20年にもなるのですが、バンコクにあるNGOのSEAPOLが海洋に関する国際会議をオーガナイズしてきました。

20年にもなるのですが、日本から誰も出席しませんので、私ひとりで何年ものあいだSEAPOLのミーティングに出てまいりました。ミーティングは、バンコクとかマレーシアのクアラルンプール、あるいはインドネシアのバリなど、観光がてら参りますにもいいところで開催されるのですが、そこに行きますと毎年新しい海のニュースを得ることができる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から