日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


「船舶」から「海」へ

岡崎久彦(岡崎研究所所長)

 

3年間どうもご苦労様でした。このプロジェクトは本来海のことをいろいろ調べることになっているのですが、支えてくださった日本財団(日本船舶振興会)は運輸省の管轄でありまして、いままでなんとなく関心が船舶に偏っていたように思われます。そこで、「日本財団助成事業として、海上交通路の研究や啓蒙普及活動をもうちょっとやってもいいのではないか」という話を、4年ほど前のことですが、わたくしからさせていただきまして、このプロジェクトの企画を、(社)国際経済政策調査会と相談のうえご提案させていただきました。平成8年の春のことです。

プロジェクトが始まったのは平成9年4月で、私も初めの頃は定例会に頻繁に参加させていただいて大いに勉強になりましたが、研究がすすむうちに、どうも専門でないものですから、あまり貢献できないなと思うようになり、川村純彦先生に途中から委員長をお願いした次第です。

私は、日米安保や朝鮮半島問題、台湾問題については専門ですが、海の話になると専門ではなく知識も浅い。この数年は近代外交史の著作のほうに時間をとられまして、だんだん時間がもたなくなってまいりましたので、専門の方にお任せしておりました。3年間まじめに研究しましたので、アジア各国の専門家のあいだでも、この海洋研究グループのことは、すっかり知られるようになったようで、立派な成果が上がりつつあるようでございます。

日本財団の助成事業のほうは、3年間つづけて頂戴しましたので、これからしばらく休んで、これまで手をつけにくかった海洋の安全保障分野の研究を、川村委員長を中心に自主研究として継続することになっております。こちらのほうも、皆さん、今後ともよろしくご援助いただければと思います。

さて、日本財団では、平成11年末の理事会で、今まで船舶中心だったのを海にかえると言っておりました。「船から海へ」というそうですが、これにはわれわれの努力もなんらかの影響があったものと思っています。ここに至ったのは日本財団のご協力、それから椎名素夫理事長の国際経済政策調査会のご協力、それから先生方のご協力のたまものであり、深く感謝申し上げます。それでは三年間のご苦労を謝しまして乾杯したいと思います。乾杯(拍手)

(「うみのシンポジウム」冒頭での「開会の挨拶」)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から