日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


沿岸諸国の無責任な権利の拡大は、長期的には、それらの国の国益をそこなうことになるのですから、そのような理を説明して納得してもらうことが大切です。この冊子の議事録のなかで、布施勉先生と大内和臣先生の講義が、この問題を考える上で最良の入門書となることでしょう。

 

海洋の総合的管理へ

 

世界は、「海洋の総合的管理」の方向に向かいつつあります。もし、管理に失敗するようなことがあれば、人類の生存が脅かされるわけですから、わたくしたちには、他の選択肢はありえないのです。200カイリ排他的経済水域の設定は、多くの貧しい国に豊かになる潜在的パスポートを与えたとみることもできます。資源がうまく管理運用されていないことは残念ですが、沿岸国側からも過剰な権利をもてあましているとの声も出ています。われわれは、21世紀を迎えるにあたって、海洋を、世界の諸国と力を合わせて、どのように管理していくべきでしょうか。

このレポートは、高校生のみなさんにも読んでいただけるように編集しました。日本財団がホームページに掲載してくれますので、高校の社会科や、市民講座のテキストとしても、お使いいただければ幸いです。このレポートを読まれて、国連海洋法や南シナ海問題、漁業資源や環境の問題のツボが、ひとりでも多くの皆様に理解されることを期待します。

2000年3月 委員長 川村純彦

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から