日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


ハワイでの米太平洋艦隊司令部との意見交換で、一番印象に残ったのは、日米同盟が危機に瀕しているとの観察でした。もちろん、表面的には、ガイドライン関連法も制定され、日米同盟関係は史上最高によいのですが、5年、10年先を思うと心配でならないというのが、司令部側の専門家の意見でした。どうしてそう考えるかというと、もはや日米同盟がどうして結ばれたのかを体験として知らない若い世代が、米海軍でも海上自衛隊でも幹部要員を占めている。日米が戦争をして、日本が完全にたたきのめされ、立ちあがろうとして考えたときに、「これはとにかくアメリカと一緒にやっていくしか日本が生きていく道はない」と結論した世代は、ほとんど鬼籍に入りました。いまの、30代、40代の日本人には、日本の国力に対する驕りのようなものが芽生えてきているのではないでしょうか。だから、いまこそ、なぜ日米同盟が必要なのか、日米同盟が日本にとっても、アメリカにとっても、地域にとっても利益があるということを、自分の頭で考える。そして、行動に移すことが必要であるというのが、このレポートのポイントです。長文のレポートですが、口語体で書かれているのでスーと読んでいただけるかと思います。厚木の「シンカンポ」問題、普天間基地の移転、「思いやり予算」削減問題、ガイドラインの問題点など、日米同盟がかかえる問題を意見交換という形で総ざらいしてあります。将来、中国とのからみで、シーレーンをどうやって安定させるかに関する議論も紹介されています。詳しくはレポートをご覧下さい。

 

ハワイでのEast-West Centerとの意見交換

 

ハワイ報告の第3弾は、シンクタンクであるEast-West Centerの海洋問題の権威マーク・バレンシア博士との意見交換です。主として秋元さんに報告していただきましたが、バレンシア博士は南シナ海の専門家であり、さまざまな国際会議にも参加しており、わたしたちが良く知っている人物なので、話が弾みました。このレポートは、バレンシア博士の研究の関心、業績などを報告することを通じて、米国のアジアに対する海洋政策がおのずとにじみ出るという形式の読み物になっています。アジア太平洋における海洋シンポジウムや国際的な研究で、バレンシア博士は常に重要な役割を果たしています。このレポートが彼の人となりや考えかたを日本の読者に伝える一助になれば幸いです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から