日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

観光に関する学術研究論文

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


第2節 オプショナルツアーの変遷

1965年に「ジャルパック」のホールセールが開始された頃のパッケージツアーは、ほとんどがフルペンションと呼ばれる全食事・全観光付きで、オプショナルツアーというものはなかった*2-4

1970年代になると海外旅行ブームが起き、パッケージツアーの内容もバラエティーになってくる。自由行動日を設け、そこにオプショナルツアーを設定して、参加者の細かいニーズを吸収した*2-5。1970年10月に日本航空はグアム線を開設するが、それを利用したジャルパックの新聞広告には、「ゴルフ、トローリング、闘鶏見物、ココス観光などの手配も万全です」と書かれ、これらは別料金である旨の記載*2-6がある。これ以前でも、現地において旅行者の要望のもとに手配は行われていたとは考えられるが、出発前からオプショナルツアーへの期待を旅行者に抱かせるような方策を旅行業者が取りだしたのは、この時期ぐらいからである、と考えてよいだろう。

 

表1 旅行者に対するオプショナルツアーの告知

039-1.gif

 

1975年頃から、滞在型商品、フリータイム型の主催旅行が増えたことや、価格競争の激化による観光部分のオプショナル化により、オプショナルツアーが商品の柱のひとつになってくる。

 

*2-4 トラベルジャーナルマーケティング室編制作『TRAVEL JOURNAL 臨時増刊号 The海外旅行30年1964-1994』1994年トラベルジャーナル 92頁

 

*2-5 トラベルジャーナルマーケティング室 前掲書 92頁

 

*2-6 1970年7月25日付朝刊 朝日新聞東京本社版 12面(縮刷版より)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
217位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
56,393

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.国際観光交流促進ワークショップ報告書
2.1998年国際観光概観
3.2000年版 世界観光統計資料集
4.持続的発展可能な観光地づくりに関する調査報告書
5.ウェルカム・イン予約センター 平成8年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から