日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

観光に関する学術研究論文

 事業名 アジア太平洋地域の国際観光交流促進
 団体名 アジア太平洋観光交流センター(APTEC) 注目度注目度5


本来二席は2編の予定であったが、もう1編落とすには忍びない高水準の論文があったので、あえて二席の三として選抜した。岡野論文である。岡野氏は昨年も二席に入選した論客であるが、本年も同じく須磨海浜水族園を対象としつつも、テーマをそこへ至る交通手段選択の問題に絞り、アンケート調査をもとに社会通念とはやや異なる興味深いいくつかの結論を導いている。論証は着実で説得力がある。

ここまでの4編の論文はテーマもアプローチもまったく異なっており、観光に関する学術研究論文の文字通り広がりを実感することができる。

奨励賞には釜山観光が地域社会に及ぼす影響分析を手堅くおこなった李論文と大阪の浜寺公園の再生を提案した平岡・佐藤論文が選ばれた。前者は経済的な分析をおこなった論文であり、後者は新しい観光の理念からひとつの公園再生計画に至る都市計画的な論文である。ここにも観光学に通じる多様なアプローチの可能性を見ることができる。

このほか残念ながら受賞には至らなかったが、バイリンガル教育とインバウンド観光との関係を論じた論文や観光産業へのICカードの導入を提案した論文など独自の視点に基づく魅力的な主張が多く見られた。今後学術論文としてさらに磨きをかけ、観光学の一翼を担う成果が生み出されることを期待したい。

 

観光学術論文審査委員名簿

003-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
218位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
56,792

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.国際観光交流促進ワークショップ報告書
2.1998年国際観光概観
3.2000年版 世界観光統計資料集
4.持続的発展可能な観光地づくりに関する調査報告書
5.ウェルカム・イン予約センター 平成8年度事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から