日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


せ] Safety Best 命を守る 救命衣

 

082-1.gif

 

皆さんは、毎年船舶からの海中転落事故で何人の命が失われているかご存知ですか。

毎年百数十名もの尊い命が失われているのです。

この中には救命胴衣類(後述の法定のものでない「救命衣」を含む)を着用してさえいれば助かった可能性のあるものが相当な数を占めているものと思われます。

また救命胴衣類を着用していれば、残念ながら死亡に至っても遺体の早期発見に繋がり、漁業協同組合を挙げて、またクラブ仲間などによる長期の捜索を必要とせず、また家族にとってもお気の毒ですが気持ちの整理が付くことにもなりましょう。

某漁業協同組合における最近の例で、一方の事故では救命衣を着用していなかったため(救命衣は船の隅に格納)未だに遺体が上がらず、もう一方の事故では救命衣を着用していたため、遺体でしたが翌日発見された事例があります。

1 プレジャーボート等での常時着用

プレジャーボート等については、救命胴衣を搭載していながら常時着用している人は少ないようですが、海中転落や突然の転覆の危険性もあるので、海に出たら必ず着用するようにしましよう。

2 漁船での常時着用

海中転落、死亡・行方不明者数のNo1は漁船です。法定の浮力(7.5kg以上)よりレベルを下げ浮力6.5kgとした作業性のよい、通気性の優れた「救命衣」があります。カッパ、長靴着用での飛び込み実験等を重ね、海中転落しても十分な浮力を保てる実証が得られています。

漁業協同組合での一括購入なども検討してはいかがでしょうか。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から