日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


も] もう一度 海図で確認 ブイ・灯台

 

081-1.gif

 

あなたは、変針目標となる灯台や浅瀬の近くにある灯浮標が見えた時、海図などで自分の認識に間違いはないかを確認をしていますか。

これらを見誤りあるいは確認をせずに変針して浅所に乗揚げたり、延長造成中の防波堤に衝突する船がみられます。

その要因としては「いつもの航海への慣れ」「最新機器への頼り過ぎ」「適正な海図の不備または海図での確認をしないこと」があげられます。

次の事項を守り、見誤りなどによる事故を防ぎましょう。

1] 海図は必ず海図台に出して置くとともに、変針点などの重要な航路標識については、変針の前に海図で必ず確認すること。

2] 変針点では変針目標を目で確認するとともに、レーダーやGPSによる自船位置と変針目標灯台の関係を照合すること。

なお、自船前方の岬、島、灯台を予め海図を見て確認する習慣をつける。

3] 夜間は海図で灯質を確認し、発光時間の間隔・周期を計り確認すること。(時計を見なくて秒時が分かるように訓練しておくこと。)

4] 同直者がいる場合は、前記照合などを手伝わせること。

5] 灯浮標などの航路標識は、消灯する場合があり、また海域情勢により位置が変更される場合があるので、水路通報に注意し、また実際の航海に当たっては、前記レーダー、GPSなどによる位置確認を怠らないこと。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
669位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
16,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から