日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


す] 好きです あなたのマナー 思いやり

 

083-1.gif

 

最近、海でもマナーが悪くなったという声を聞きますが、あなたはどのように感じていますか。

社会生活をしていくためには、皆がルールを守ることが求められますが、さらに潤滑油のようなものが必要となります。

海上でも同様で、まずは規定によるルールを順守することが求められますが、海上という同じ平面上で、海上運送、漁業、レジャーなどの諸活動が展開され、船舶も何十万トンから1トン未満まで大小の船舶、50ノットから10ノット程度の速力の船舶が航行し、航走、停泊、漁労作業など行動形態も様々であり、お互いに共存共栄を図り安全を確保するためには、相手との関係を考慮して「マナーを守る」ことと、“自分が相手船なら”と立場を変えてみての「思いやり」も必要だと思います。

1 プレジャーボートなどのマナー

次のようなことに配慮し、お互いの安全確保、トラブル防止に心掛けてください。

1] 港内や狭い水路などで大型船の航行に不安や支障を与えないようにすること。

2] 港の入り口や航路内で釣りなどをしないこと。

3] 地形的に制約のある(付近の障害物、水深など)大型船の変針点付近での釣りなどはしないこと。

4] 航行中の大型船の直前を横切らないようにすること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
669位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
16,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から