日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


し] GPSに道路なし 暗岩に注意

 

073-1.gif

 

余談から始めますと、本来ならばナビゲーションの用語は「航海」という意味ですが、「カーナビ」と自動車の方に先を越されてしまい、残念ながら船舶用は「GPSプロッタ」などという機械的な名称になってしまいました。

今やカーナビの普及には目覚しいものがありますが、航海用GPS機器も内航船や漁船、プレジャーボートに最近急速に普及しています。

正確な船の位置がリアルタイム(即時)で分かるという非常に便利なものです。

1 カーナビとの違い

先ず、同じGPS測位を使用しているカーナビと航海用GPS機器の根本的な違いを述べてみましょう。

カーナビには「道路」が標示されており、その道路を選択して走る訳ですが、その道路から故意にはみ出さない限り道路外に飛び出し事故になることはないのです。また、女性の声による案内もあります。

これに対してGPS機器では、自船が航走するコースは障害物を避けた安全なコースを自分で決定する必要があること、更にはそのコース設定のミスあるいは風潮流などによって自船が設定したコースから外れることにより、目に見えない水面下の障害物に乗揚げる危険性があるということでしょう。

簡単に言うとGPS機器では「目に見えない障害物に注意せよ」ということです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から