日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


ふ] 不審な行動 イエローカード

 

056-1.gif

 

「何をしているんだ !」と相手船の気が知れない行動に出くわすことがありますね。

居眠り、ボンヤリ、他の作業をしていての見張不十分や判断ミスにより急接近してくる船舶に対しては、早めに相手が分かるまで繰り返し「警告信号」をしましょう。

そしてこちらでは衝突を避けるための即応体制をとる必要があります。

警告信号は、互いに他の船舶の視野の内にある船舶が接近して衝突のおそれがある場合に「他の船舶の意図もしくは動作が理解できないとき」「衝突を避けるために十分な動作をとっていないようにみえるとき」に、直ちに「急速に短音5回以上」の汽笛信号を鳴らさなければなりません。発光信号によっても行うことができます。

なお、警告信号は「強制規定」です。

警告信号を行うべき具体的例は、次のとおりです。

(1) 他の船舶の意図等が理解できないとき

1] 航路内航行中、前方至近の船が針路を左右に変えている。

2] 他の船舶が航路内を航行している自船の前面に航路外から入ろうとしている。

3] 他の船舶が急に不穏な動きを始め、衝突のおそれが生じそうである。

(2) 他の船舶が衝突を避けるために、十分な動作をとっているか疑わしいとき

1] 避航船が十分な避航動作をとっていない。

2] 錨泊中に、他船がまっすぐに近づいてきて衝突のおそれがある。

3] 避航船の動作がその時の状況に照らして不適当である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
669位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
16,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から