日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


む] 向かい波には 真向かわず

 

042-1.gif

 

真正面からの強風、波浪は、大きなピッチングや青波の打ち込みなど船体への影響が大きく、無理して「突っ張る」と危険を生じます。

 

1 危険性

(1) スラミング(slamming)

船体前部船底に波による衝撃を受け船体が急激な振動を起こす現象です。その衝撃により船体は過度の応力を受け、船首部船底に損傷を受けることがあります。

(2) 波の打ち込み

甲板上への波の打ち込みは、海水が自由水となって復原力の損失を招きます。

波による衝撃は上部構造物や甲板積貨物の固縛索具を破壊し、また波による積荷の移動などにより耐航性、安全性を著しく低下させます。

平成9年7月、8,000トンクラスの貨物船が台風接近の荒天時に、船首部に大波を受け、操舵室前面ガラスが破損して、海水が流入し操船不能となった事例もあります。

(3) プロペラの空転(racing)

プロペラの一部が周期的に波面から露出すると回転変動、振動により、プロペラ翼の損傷を招いたり軸系および機関に悪影響を与えるおそれがあります。

2 安全航行の措置

1] 波浪を正船首から受けないように、針路を20〜30度程度変えて保針する。

2] 速力を落とす。

3] 保針をするための操舵は小刻みに慎重に行う。

4] プロペラ空転に対しては、機関室と連絡をとり回転数を調整する。

5] 空船の場合には、出港前にバラストを搭載する。

6] 続航困難なときは、舵効を保持できる最小の前進速力で風浪に立てる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から