日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


な] 慣れた航路(みち)に 落とし穴

 

040-1.gif

 

海上に限らずあらゆる職種で、仕事を能率的に確実にこなすには、しっかり頭で覚え、体に覚えさせることが重要です。しかし、自分がそれを体得したと思い自信を覚える頃から、注意力を失い漫然と作業を進めてしまいがちとなり、油断、手抜きから事故を引き起こしてしまうことがよくみられます。

特に慣れた「航路」では、そのような心配があります。

カーフェリーや一般旅客船は出入りする港と航路は定まっています。貨物船やタンカーについても、積み荷が固定されている船舶は出入りする港、航路がほぼ一定の毎度お馴染みの航海となっています。また、その他の貨物船なども、以前何回か入ったことのある港に入り、同じ航路を走るケースが多いことと思われます。

効率良く、安全に航海するための知識、技術を習得し、常にその維持、向上に努めることが重要です。とかく「慣れた海、何時もの航路、マイポート」というような航海では、マンネリ化してしまい、感覚的(山かん)航法になりがちです。

このため運航の「基本的事項」については、あなたが堅いと言われようが、愚直と言われようがしっかり守り、実行することが肝要です。

鉄道や地下鉄の乗務員や駅員が必ず指で前方を指し確認事項を声を出して言っていますね。あれは「指差喚呼(しさかんこ)」(「指差呼称」などの呼び方がある。)と言うものです。オーバーかなと思いますが、安全確認を「確実に」実施しているスタイルです。

船舶でもこのような意識をもって、海上のその場その時に安全のために必要とされる基本的事項を手抜きをせず、必ず「確認」し航行することが求められます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から