日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


ね] 念には念を ダブルチェック

 

039-1.gif

 

外出してから「ガス栓を閉め忘れたのでは ?」「雷雨が来そうだが、窓を開けたままにしてきたのでは ?」とか気になることがありますよね。

船舶の運航では一寸のミスが事故に繋がる恐れがあります。その「ミスをいかに少なくするか」が、「事故防止の命題」であることは前に述べたとおりです。

読み違い、勘違いなど海上での若干の例を挙げてみましょう。

1] 夜間、レーダー上の船影と目視で前方に見える船(船尾灯)が同一だと思っていたら、実は違っていた。

2] コースラインの度数を見誤り、間違った針路で自動操舵をセットした。

3] ジャイロコンパスやレーダーで、方位を測る時に度数を見間違ったり、レーダーの使用レンジを勘違いした。

4] GPS航法装置の緯度または経度の表示数値を読み違えた。

5] 変針目標の航路標識を見誤って変針してしまった。

6] 可変ピッチプロペラの船で、翼角をゼロにしたつもりが、実際は少し後進翼角になっていた。

そこで「ダブルチェック」です。もう1回確認のチェックをしてください。

これを習慣付ける必要があります。この習慣付けは簡単なようでなかなか身に付かないものです。しかし、この習慣があらゆる場面での事故防止の重要な要素であることを皆が認識し、実行するように、船長自ら「ダブルチェック」の習慣付けを心がけるとともに、乗組員にも強く指導しましょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
669位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
16,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から