日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


つ] 使おう 慣れよう 航海計器

 

037-1.gif

 

まず、海陸空の違いから入りましょう。

自動車については、運転者が目で見て確認できる道路などの上を走りますので、衝突、路外転落、対人事故の防止は、完全に人間の目、人間の判断によるものとなっています。

航空機については、三次元の空間を飛行すること、海陸ほど対象は多くなく輻輳度もないこと、一つの事故でも何百人という多数の人命に係わるため、フェールセーフ(判断ミスがあったり、機械が故障しても安全を保つ仕組み)を目指して、安全面では機器に頼る部分が多くなっているのが特徴です。このため、ますます自動化、安全措置の重層化が進み、また管制システムの充実化と相まって安全飛行が保たれています。

これらに比べ、船舶については、各種機器の手を借りた上に、さらに人の目、判断に頼らなければならない部分が多く、そのような意味では自動車や航空機に比べ、船舶の安全運航のために一層厳しい技量が運航者に求められるといえましょう。

1 人と機器の問題

海難の実態をみても、「衝突」と「乗揚げ」を合わせた数字は、全海難の約40%も占めています。この実態からも「見張の厳守」を柱とした「人と機器活用の問題」が浮き彫りにされます。

船舶の最近における運航体制をみると、省力化が急速に進み、船橋当直1人体制が一般的となりつつあり、また、航海計器などについては、ARPA付レーダー、GPSプロッタ、航海情報表示装置、電子海図表示システム(ECDIS)など高機能の機器が普及しつつあります。その他多くの機器類が船橋内には装備されています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から