日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


わ] 我が想い 安全操業 大漁で帰港

 

025-1.gif

 

お父さんや息子さんが笑顔で入港するのを家族の皆は待っています。

漁船の海難は人命に係わるものが多く、海難に伴う死亡・行方不明者は92名で船舶全体の約6割を占めています。また船舶の海難によらない海中転落などによる乗船者の死亡・行方不明者は漁船が最も多く138名を数えています。

ひとたび海難を起こすと一家の働き手を失うという悲惨な結果を残しかねません。

1 全体的傾向

海難の推移をみると、漁船の海難は多少の凹凸はあるものの全体的には漸減傾向にありましたが、ここ1、2年増加の兆候がみられるのが気掛かりです。

2 海難の特徴

漁船海難の特徴の一つは、他に比べいろいろな海難が万遍なく発生していることで、海難の百貨店とも表現できましょう。

すなわち、衝突が21%、乗揚げ17%のほか、転覆が13%、機関故障が12%、火災10%、推進器障害5%、浸水4%など各種にわたり発生しています。

船舶海難の数では、漁船はプレジャーボート等に次いでNo2ですが、海難種類の内容についてみると、衝突では海難全体(319隻)のなかで漁船がNo1(147隻、46%)を占めています。また、乗揚げでも海難全体(332隻)のなかで漁船がNo1(107隻、32%)となっています。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
669位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
16,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から