日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


を] 汚名をそそげ プレジャーボート

 

023-1.gif

 

レジャー活動には、ロッククライミング、冬山登山のように最初からある程度の危険を承知で、その克服を喜びとするものもありますが、一般的なレジャーは安全を第一に考えて楽しむものでしょう。

海は、明るく、穏やかな優しさをもっている反面、予想もしない牙をむく恐ろしさを秘めていますし、海上は陸上に比べて広大で、自由に走れ回れそうですが、他の船舶との関係は様々であり、また水面下の見えない浅瀬等の障害物に注意を払う必要があります。

プレジャーボート等(遊漁船を含む)の海難発生状況は、ここ数年増加の一途をたどり、平成9年には過去最多、それまでトップを占めていた漁船の海難を抜いて、ついに不名誉な「ワーストワン」になってしまい、由々しき状況にあります。

海洋レジャー愛好者には「事故に対する自己責任を自覚」して、ワーストワンの汚名返上に努力する必要があります。

1 モータボートの海難

プレジャーボートの中で、モーターボートの海難はダントツで、増加の一方です。保有隻数の増加、平成11年の「五級小型船舶操縦士免許」の創設などから、海難は今後も増加するものと思われ、次に述べる海難の種類・原因を十分に理解して海難防止に努めてほしいものです。

海難では、機関故障が最も多く122隻で、そのうち89隻(73%)が機関取扱い不良が原因となっています。モータボートは自動車とは違います。自動車感覚で出港前の点検をしないまま「サァー出港」と、エンジンスタートではいけません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
669位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
16,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から