日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


り] 旅客船 惨事を防ぐ 慎重さ

 

017-1.gif

 

皆さんは“他山の石”とか“対岸の火事”という諺(ことわざ)を知っていることと思います。

事故を例にとっていえば、前者は「自分とは関係ない他の事故も参考にして、自分を戒め、当該事故を勉強して自分の事故がないようにする」ということであり、後者は逆に「俺には関係はないとして無視してしまう」ことをいいます。

「他山の石」の語呂合わせではありませんが「他国の例」を取り上げてみましょう。

1 欧州の海難事例

1] エストニア号の転覆事故

1993年9月、荒天下のバルト海で大型フェリー・エストニア号(15,600総トン)が荒天航行中、船首のランプドアーから海水が車両甲板に流入し、動揺による車両の偏り(固縛装置の外れ)、流入海水のフリーウオーター化を伴い転覆沈没し、909名の犠牲者を出した。後日の調査ではランプドアーが完全に閉鎖されず、半開き状態であったことが判明した。

2] ヘラルド・オブ・エンタープライズ号の転覆事故

1987年3月、大型フエリー・ヘラルド・オブ・エンタープライズ号(7,951総トン)が、ベルギーのジーブルージ港を出港直後(沖合い約1km)転覆し、180名の乗客、乗組員が犠牲になった。

同船は車両甲板に充満した自動車の排気ガスを航走しながら換気するため船首バウバイザーとランプドアーを開放したまま出港したため、この船首開口部から海水をすくい、短時間のうちに転覆沈没した。出港時のバウバイザーなどの閉鎖がなされておらず、かつ閉鎖の確認が船橋ではなされていなかった。当時の天候は東寄りの微風、うねりもほとんどなかった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
669位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
16,407

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から