日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


なお、一部の内航船では、2人当直で6時間ワッチの船もみられます。眠くなった方が仮眠できるので居眠りの心配はないとのことです。

居眠りは、労働・勤務環境、健康・栄養管理、経験年数、外部的刺激(狭水道での緊張後)など、様々な要素が重なり合って発生するので、その防止対策は、これら全体について考える必要があると思われますが、ここでは、紙面の関係で、船橋内での直接的な居眠り防止についてだけ記します。

1] 眠くなったら絶対に座らないことが第一です。

立っていれば、例え居眠りしそうになっても、膝がガクっとなり目が覚めるという経験は皆さんにもあるでしょう。

2] 立っていても眠くなるようだったら、船橋内やウイングをウロウロと歩き回ること。

3] お茶やコーヒーなどを飲んだり、スッキリさせるガムを噛んだりして眠気を覚ますこと。

4] ウィングに出たり、窓から顔を出して風に当たり眠気を覚ますこと。

5] 水で顔を洗ったり、水で濡れたタオルで顔や首筋を冷やすこと。

6] 船橋内の温度が高かったり、船橋内の空気が汚れると眠くなります。窓を開けたりして温度を下げ、換気をよくすること。

7] 眠気冷ましの体操などで身体を動かすこと。

8] 非番中は十分に休息・睡眠をとり、疲労を回復しておくように心がけること。

人間の体は、質のよい睡眠ならば比較的短時間でも十分に疲労を回復することができるものなので、自分の睡眠のリズムを把握して寝るようにしましょう。

なお、当直前はちょっとの時間でも眠っておいた方がよいものです。

9] 当直に影響の残るような飲酒は絶対にやめること。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
681位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
16,169

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から