日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」

 事業名 海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


船体・機関の点検/整備の徹底を!

 

006-1.jpg

木材の荷崩れで大傾斜した木材運搬船

 

事故原因

 

●ドック整備時の部品組立てに間違いがあった

●出航前に船体、機関、積み荷の点検をしなかった

●航海中、機関の異常を早期に発見できなかった

●燃料コックの切替などの操作を誤った

●燃料を十分に積んでいなかった

●着岸前の後進テストをしなかった

 

006-2.jpg

 

機関

 

●ドック整備時には重要部分の組立て作業に立ち会い、組立てミスを防ぐこと。

●機関、機器の取扱、注意事項について、乗組員に教育、指導を行うこと。

●機関、機器のマニュアル、チェックリストにしたがった点検、取扱いをすること。

●航海中も機関室の適時の見回りを行うこと。

●航海中、エンジン音、振動、排気色、漏油、異臭などに注意すること。

●出航前の試運転、入港前の後進テストなどは確実に実施すること。

●定期的に警報装置の点検を行うこと、スイッチを切っておかないこと。

●プレジャーボートについては、出航前に必ず、燃料、潤滑油の状況その他の点検を行うこと。

●漁船については定期的な集団点検を実施すること。

 

006-3.jpg

 

船体

 

●船齢の高い船舶についてはドック時に入念な点検を行い、不良箇所の修理を行うこと。

●出航前及び定時のビルジの計測を行い、浸水異常の早期発見に努めること。

●天候悪化の前に、各部の点検、荒天準備を確実に行うこと。

●木材運搬船では、荷役時の外板への木材接触個所の点検を行うほか、積荷木材用スタンション及びラッシングの点検を行い、荷崩れを防ぐこと。

 

006-4.jpg

機関故障で曵航救助される貨物船

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,538位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
1,467

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.第23回 アジア太平洋造船専門家会議各国提出資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から