日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」

 事業名 海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


005-1.jpg

 

ミスなし スキなし チェック&カバー

 

BRM(ブリッジ・リソース・マネジメント)を知ってますか?

BRMとは船橋配置者が複数の場合に組織的機能を有効に発揮させるものです。

●見張りや機器使用の役割分担を明確にすること。

●それぞれが見たこと、聞いたこと、疑問を抱いたことは、お互いに知らせあって、情報の共有化を図ること。

●誰でもミスすることがあるので、他の配置者がクロスチェックし、誤りを指摘すること。

 

乗揚げ防ぐ 船位の確認

 

●適時コンパス方位とレーダーを併用活用するなどして、海図上で安全か否かを確認すること。

●避険線、向首目標線を海図、手持ち図に記入し、また、電子海図表示情報装置などでは画面上にそれらの線を表示して活用すること。

●GPSプロッター等の機器は、その機種の性能を十分理解した上で使用すること。(例えば、浅所等については海図ほどの情報はないので必ず海図と照合すること。)

走錨を防ぎましょう。

●錨泊中といえども気象状況の把握に努めること。

●風浪が強くなったら、走錨監視を強化すること。

 

005-2.jpg

 

安全情報 安心航海

 

●ラジオ、テレビの天気予報、無線による気象通報、ナブテックス(沿岸海域の海上安全情報)などで、自船に適した気象情報入手方法、時間を決めて、毎日確実に気象を把握できるようにすること。

●航行する海域の港湾工事、橋梁工事などの状況、定置網などの設置状況などの安全情報を事前に入手すること。

 

005-3.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,616位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
1,719

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.第23回 アジア太平洋造船専門家会議各国提出資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から