日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書

 事業名 LRT高速運転用信号システムの開発
 団体名 日本鉄道電気技術協会 注目度注目度5


車両は、自動車(速度40km/h)、LRVの最高速度を50、55、60km/h、及び在来車とした場合のシミュレーション結果を図-5.2.1に示す。なお、各車両は、表-5.1.2及び表-5.2.1に示した対応する性能で走行するものとした。

図-5.2.1のシミュレーション結果を数値的に比較したものを表-5.2.2に示す。表には、6駅間の走行時秒、及び6駅間の表定速度を示す。勿論、LRVは最高速度60km/hの場合が表定速度も高く推奨され、本シミュレーションでもLRVの標準的な速度としているが現行の道路交通法では50km/h程度が妥当とも考えられ、最高速度を50km/hとした場合でも、シミュレーション在来車に比し表定速度が2.4km/h高く、それなりの効果が期待される。

055-1.gif

図-5.2.1 各車両の平常時シミュレーション例

 

表-5.2.2 各車両の最高速度、減速度、到達時分、表定速度の関係表

055-2.gif

5.2.3 LRV高速化による速達性向上と効率的な車両運用

LRVの高速化、高加減速化によって、速達性が向上し、利用者にとっても便利なものとなるばかりでなく、事業者にとってもこのLRVの高性能化を活かす車両運用があってもしかるべきである。

路面電車は途中停留所での追い越しが不可能なので、終端停留所を改良し、LRVと在来車の運用を入換えることによりLRVの効率的な車両運用が実現できる。LRVの効率的な車両運用例を図-5.2.2に示す。この運用によって相対的に表定速度も向上し、路面電車の活性化が図れるものと考える。

055-3.gif

図-5.2.2 LRVの高性能化を活かした効率的な車両運用例

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
23,998

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.事業完了報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から